「なつぞら」に再登場!注目の清原果耶が秋の新ドラマ「俺の話は長い」に出演、主演は生田斗真

NHK連続テレビ小説「なつぞら」で主人公の妹・奥原千遥を演じ、透明感のあるお芝居が話題となった清原果耶(きよはらかや)さんが、日本テレビ系で放送される10月期の新ドラマ「俺の話は長い」に出演することがわかりました。

31歳で無職、現実逃避に走るへりくつ男・岸辺満を中心に展開されていくストーリーで、「令和の時代の家族とは?」と世間に問いかけながらも、家族で楽しむことができるコメディーホームドラマとなっています。

「俺の話は長い」注目のキャスト

無職でへりくつだけはやたらと上手い岸辺満を演じるのは、連続ドラマの主演を4年ぶりに務める生田斗真さん。

どうしようもない満の姉・綾子を小池栄子さん、綾子の再婚相手・光司を安田顕さん、そして綾子の子どもで中学生の春海を清原果耶さんが演じます。

清原さんが演じる春海は中学3年生・不登校という、複雑な気持ちを抱えた難しい役どころ。また、春海は母・綾子(小池)と前の夫との間に生まれた子どもで、母の再婚相手の光司(安田)は義理の父親ということになります。現在17歳の清原さんは、15歳という多感な年齢の少女をどのように演じるのでしょうか。

また、直接関わることはなかったものの、安田さんと清原さんは朝ドラ「なつぞら」に出演しており、今度は近しい関係になることでも注目を集めています。

「なつぞら」姉との再会

7月に放送された「なつぞら」で行方をくらまし、姉のなつ(広瀬すず)との再会を選ばなかった清原さん演じる千遥でしたが、本日14日に放送された回で久しぶりに登場。姉と約30年ぶりの再会という、17歳の清原さんにとってかなり壁の高いシーンを見事に演じ、ネット上で話題となりました。

また、なつの幼少期を演じた子役の粟野咲莉(あわのさり)ちゃんが千遥の子ども・千夏役に。子を持つ昭和の30代の母という千遥の設定に、視聴者は「心配だったけど雰囲気が落ち着いていて、なつより年上に見える」「千遥の年の取り方が見事」と絶賛。清原さんの役作りに感心する声が多く挙がりました。

2018年にはドラマ「透明なゆりかご(NHK)」で主演を、2019年に公開された映画「愛唄 -約束のナクヒト-」、山田孝之さんプロデュースの映画「 デイアンドナイト」ではヒロインを務めるなど、映画にドラマに引っ張りだこの清原さん。視聴者の心を動かす透明感のあるお芝居で、今後の活躍が期待されています。

そんな清原さんが出演するドラマ「俺の話は長い」は、日本テレビ系で10月12日(土)夜22時から放送されます。要チェックです。

あおり運転・エアガン発射…佐藤竜彦容疑者を逮捕、あおり殴打運転の宮崎文夫容疑者の続報も

9月8日(日)の午前7時頃、愛知県の東名高速高速道路上り線において、名古屋市在住の男性が運転していた乗用車に対し後続のワゴン車があおり行為を行ったうえ、走行する車にエアガンを発射するという悪質な事件が発生しました。

愛知県警は14日、兵庫県警に出頭してきた無職の佐藤竜彦容疑者(40)を器物損壊の疑いで逮捕。

8日の事件発生時、同乗していた女性と逃走した佐藤容疑者は所在不明となっていましたが、友人に付き添われて出頭し、「クラクションを鳴らしてもどいてくれなかった。ブレーキを踏まれてぶつかりそうになり腹が立った」と供述しているということです。

また今回の被害だけでなく、7~8月には京都市や神戸市でもワゴン車からエアガンを撃たれたという被害が確認されており、愛知県警は佐藤容疑者と一連の被害の関連について調べています。

相次ぐあおり運転

8月には茨城県の常盤自動車道で、あおり運転をしたうえ、後継車を運転していた24歳の男性を複数回殴ったとして、大阪市の会社役員宮崎文夫容疑者(43) が逮捕されました。

また、この宮崎容疑者は、調査を進めていくうちに6月にも静岡県浜松市内であおり運転をしていたことが判明。

驚くことに、宮崎容疑者は悪意ある蛇行運転や幅寄せ等の行為を行い、トラックの前へ出て減速、急ブレーキをかけトラックを自身の車に追突させた疑いが持たれています。

事故当時、トラック運転手はあおり運転を受けたという申告をしていなかったため書類送検されました。ですが、宮崎容疑者のあおり行為による事故だと判明したことで、刑事処分を受けないよう再捜査がなされているとのことです。

また、この事故により、同乗していた交際女性が軽傷を負い、静岡県警は威力業務妨害容疑に加え、同乗していた女性を被害者とする自動車運転処罰法違反容疑でも捜査を進めています。

運転するのが怖くなってしまうような事件が相次ぎ、ネット上では不安の声が挙がっています。

また、今回逮捕された佐藤容疑者からエアガンの弾およそ2000発が押収されたことを受け、Twitterでは「2000発って聞くとすごい量に思えるけど、実際はそんな多くない」「BB弾1袋程度」とサバイバルゲームを好む方がツイートし、現在「BB弾2000発」がトレンド入り。

「多い少ないの問題じゃなく運転中に撃つのがおかしい」と憤りを隠せないツイートも多く投稿されており、あおり運転の撲滅を願う声が多く寄せられました。

潜在的な被害も多く存在するとみられるあおり運転。これ以上、危険な行為を行うドライバーが増えないことを祈るばかりです。

【2019秋ドラマ】五十嵐貴久「リカ」が高岡早紀主演でドラマ化!底知れない恐怖が視聴者に襲い掛かる

「リカ」が10月5日、フジテレビ系のオトナの土ドラ枠(毎週土曜夜11時40分~0時35分)でドラマ化されることが明らかになりました。

同作品は、デビュー作ながら2001年実施の第2回ホラーサスペンス大賞を受賞した、五十嵐貴久さんのホラーサスペンス小説で、刊行から16年以上経つ現在でも多くの読者を震撼させる人気作です。

ストーカー女「リカ」

好きな相手を自分のものにするためなら手段を選ばない女・リカ。鼻をつく体臭、高身長に小花柄の黄ばんだワンピースを街で見かけたら、それは「リカ」かもしれません。

「リカ」は、殺しても死なない怪物ストーキング女。出会い系サイトで出会った男性を執拗に地の果てまで追いかけまわしたり、男性の家のドアノブに自身の髪の毛を張り付けたり、警察をものともせず邪魔な奴は殺す、ものすごい独占欲と執着心の持ち主で、「リカ」を一言で言い表すなら「絶望」。

出会ってしまったら最後、もう二度とリカの呪縛から解き放たれることはない、そんな「リカ」を中心に物語は進んでいきます。

また、「リカ」だけにとどまらず、続編も多く世に送り出されています。

刊行順は

「リカ」(2002)

「リターン」(2013)

「リバース」(2016)

「リハーサル」(2019)

「リメンバー」(2020年刊行予定)

ですが、物語を時系列に並べると

リカ誕生を描いた「リバース」

大人になり、看護師として病院に勤めるリカを描いた「リハーサル」

出会い系で出会った男性を追いかけ回す「リカ」

「リカ」から10年経った世界を描く「リターン」

の順となっています。刊行されるたび、「リカ」の新たな一面を覗くことができる仕組みとなっており、読者を飽きさせません。

ドラマ版「リカ」

同ドラマは2部構成となっており、「リハーサル」の原作で第1部が、「リカ」の原作で第2部が展開されていきます。

主演の雨宮リカを演じるのは、これまで多くのドラマや映画、舞台に出演された高岡早紀さん。個人的に美しくか弱いイメージのある高岡さんですが、怪物女・リカをどう演じられるのかとても気になります。

第1部「リハーサル」でリカに振り回される男性・大矢昌史を演じるのは、現在AbemaTVで放送されているドラマ「奪い愛、夏」で怪演を見せ、好青年のイメージを覆した小池徹平さん。

第2部「リカ」でリカに追いかけ回される男性・本間隆雄を演じるのは、現在TBS系で放送されている「ノーサイド・ゲーム」や「逃げるは恥だが役に立つ」などで知られる大谷亮平さん。

ほかにも、夏菜さんや徳永えりさん、西岡徳馬さんら豪華俳優陣の出演が明らかになっており、どういう風にリカに巻き込まれていくのかが注目されます。

原作がとても面白く、息つく間もないままリカにのめりこむことができるので、「実際に有り得そうな人間の恐怖」を味わいたい方はぜひ一度原作もお手に取ってみてください。

ピン芸人・横澤夏子が母に レギュラー番組「王様のブランチ」で第1子妊娠を報告

人気お笑い芸人の横澤夏子(よこさわなつこ)さんが、第1子を妊娠していることが明らかになりました。

本日14日、横澤さんは自身がレギュラーを務める「王様のブランチ(TBS)」で「第1子を妊娠しました」と報告。スタジオにいたMCのアンジャッシュ・渡部建さんや佐藤栞里さん、LiLiCoさんらは拍手で横澤さんを祝福しました。

横澤さんは2009年からピン芸人として活躍。「街などでよく見るちょっとイラっとする女性」のネタを多く持ち、独特な指導や歌い方をする音楽教師のネタで一躍有名に。

過去に出場した「R-1ぐらんぷり2016」で決勝進出、女芸人の№1を決める「THE W 2018」では準優勝という記録を持つ横澤さん。

同期には、同じく女芸人のおかずクラブや、鬼越トマホーク、デニス、西村ヒロチョさんなどが並んでいます。

横澤さんは以前から、「結婚願望が強い」「結婚したい」というようなことをバラエティ番組などで公言しており、仕事をしながら婚活も行っていました。その甲斐もあってか、2017年7月に1歳年上の会社員の男性とゴールイン。

翌年1月に行われた挙式・披露宴には、ハリセンボンの近藤春菜さんや渡辺直美さん、トレンディエンジェルのたかしさん、おばたのお兄さん、同期のデニスや鬼越トマホーク、西村ヒロチョさんらが駆け付けました。

横澤さんは現在妊娠5か月。出産は2月の予定で、今後の仕事については事務所と相談しながら調整していくとのこと。

また、横澤さんは自身のInstagramを更新。

様々なバラエティ番組で取り上げられ有名となった幼少期の横澤さんの写真とともに、母になる喜びを告白。芸人や親交の深い著名人、そしてファンから多くの「おめでとう!」が寄せられています。

お母さんをモチーフにしたネタも持つ横澤さん。母になる横澤さんの新しいネタに注目が集まります。

【凪のお暇】最新話ネタバレ!凪と慎二が結婚?ゴンが伝えた本気の想い

毎週金曜夜22時からTBS系で放送している「凪のお暇」。

空気を読みすぎて疲れてしまった主人公の大島凪(黒木華)が会社もSNSも辞め、人生をリセットするというストーリー。凪を引きずる元彼氏・慎二を高橋一生さん、凪に恋をした隣人・ゴンを中村倫也さんが演じています。

13日に放送された第9話では、序盤から急展開が。

凪の母(片平なぎさ)に「結婚する」と咄嗟に嘘をついてしまった凪と慎二。

凪の母は「慎二の母と電話で挨拶がしたい」とせがみ、どう乗り切ろうか悩む2人ですが、結局慎二の母に電話するほかなく、電話で両家顔合わせが決定してしまいます。

母と凪、慎二の話を聞き、落ち込んだような表情で凪のアパートの前から去るゴン。

その夜、急な展開を坂本(市川実日子)や住民らに報告する凪。慎二は1週間の休暇が終わるためゴンの部屋から立ち去ろうとしますが、ゴンに「好きなんでしょ?もう1回やり直そうってちゃんと言わないの?」と聞かれ、「誰が」と答える慎二。素直にならない慎二に、「じゃあ泣かないでね。誰かにとられても」と、ゴンは宣戦布告をしました。

そして、ゴンは仲間のエリィ(水谷果穂)の店を訪ね、「好きな人がほかのやつと一緒にいるって思ったら、俺のものにならないって思ったら壊れそう」と恋の辛さを吐露。そして、「負けたくない。俺本気出してみる」と言い残し立ち去るゴン。

このシーンにTwitterでは、「無理好き」「ゴンが本気出したらみんな落ちる」とゴンにメロメロな視聴者の声が挙がりました。

一方、顔合わせをつぶすため実家に帰る慎二でしたが、慎二の母(西田尚美)は顔合わせをとても楽しみにしており、とても言い出しにくい状況に。また凪も母に電話で事実を伝えようとしますが、同じく楽しみにする母に本当のことを伝えることができませんでした。

その頃、坂本と緑(三田佳子)はガールズトークに花を咲かせていました。緑の実家がお金持ちであることを聞いた坂本は、どうしてお嬢様なのに道端に落ちている小銭を拾う生活をしているのか問いただしますが、そこに弁護士を名乗る西という人物が現れます。

弁護士は緑の妹が病気であることを伝えにきた親切な人でしたが、そこで緑の過去が明らかに。緑は長女でしたが、実家の旅館も許嫁もすべて妹に押し付けトンズラしたと告白。今更会いに行くことはできないと坂本に話しました。

一方、異動前に勤めていた大阪支社の同僚が本社に訪れ、挨拶をする市川(唐田えりか)。「大阪の取引先の皆さんお元気ですか?」と聞くと、軒並み契約を切られてしまっていたことが明らかに。取引先はみんな市川の顔目当てだったと同僚に言われた市川は呆然と立ち尽くします。

そしていつもの嫌味ガールズ3人衆は、市川が聞いているにも関わらず「市川は大阪で空気クラッシャーって呼ばれていたんだって」と嘲笑し、息苦しさを覚えた市川。仕事ができて可愛い市川は嫉妬の対象になってしまっていたのです。

その頃、スナックバブルのカウンターで「本当のことを話せなかった」とお互いに悩む凪と慎二。とりあえず顔合わせは適当にやり過ごし、その後別れたということにすると決めた慎二は、「日曜5時から両家顔合わせな!」と言い残し店を出ようとします。が、そこに市川の姿が。

「両家顔合わせ…?」とつぶやく市川。

市川は店で1番強いお酒をオーダーし、会社で「空気クラッシャー」というあだ名がつけられていたことを明かしました。過去に言われた心無い言葉や、妬み嫉みの数々も笑いながら打ち明ける市川に、バブルのママ(武田真治)は「性格ブスの僻みだから真に受けちゃダメ!」と慰めます。

凪も「市川さんの頑張りはちゃんとわかってくれてる人がいると思う」と励ましますが、市川は「分かってくれてると思ってたから、まだ可能性あるのかなって思いたくて…」と慎二を見つめ涙。

中途半端に関係を持った慎二は市川に謝りますが、「ご結婚おめでとうございます」と言い店を飛び出す市川。本当に市川にとっては踏んだり蹴ったりな1日だったと思います。

そんな市川を追いかけ、送ってくと言う慎二。「少しは私のこと、好きでした?」と聞かれた慎二は「もちろん」と返答しますが、「どこが好きでした?」という畳みかけに結構悩む慎二。最低です。そんな慎二をビンタし走り去る市川。正直よくやった!と思いました。

別の日、ベランダで考え事をする凪。隣人のゴンもベランダに出ますが、その顔には無数の傷が。どうしたのか尋ねるも「平気」とかわすゴンは、お昼ごはんに凪を誘いピクニックへ。

ゴンは凪の手を取り、自身が初恋によって変わったことを話し、「人は変われると思うよ」と母や顔合わせの件について悩む凪を応援しました。

そして両家顔合わせ当日。凪は母が嫌う天然パーマの髪をストレートにせずそのままで向かいますが、母は「みっともない」とばっさり。

そのまま顔合わせとなり、挨拶をする両家。慎二の父は凪を気にいりますが、慎二の母は訝しげな表情で母娘を見つめます。

そして慎二の母はどこで調べたのか、凪の母がついていた「旦那は病死した」という嘘を責めます。また凪が仕事を辞めていたこと、現在スナックで働いているということを凪の母の前で暴露。凪がこれまでついてきた嘘が一瞬にしてバレてしまいます。

会場には祖母の米寿のお祝いに来た慎二側の親戚がたくさんいるため、挨拶したらさっさと帰ってほしいと伝える慎二の母。

そして、様々なことが明らかになり体裁を取り繕うことに必死な慎二の前に、アメリカの投資会社で働いているということになっている慎二の兄・慎一(長谷川忍)が現れます。

慎一は我聞家が家族ぐるみでついてきた嘘を親戚の前でまるごとはっきり否定し、「母さん顔いじった?」「父さん別宅お元気?」など家族が隠してきた秘密まで明かし去っていきました。

そんな状況の中、凪の母は「何やらせてあげたって何一つ実にならない」「お母さんの期待に一度だって応えた事がない」と凪を責め、「みっともないご家族」と吐き捨て帰ろうとします。

そんな母に「嫌い」とつぶやく凪。「嫌い、お母さんがずっと」と、堰を切ったように思いをぶちまけます。

そして、母に「お母さんのためには生きられない」と告げ、慎二に「もうやめよう、空気読むの」と、これまでの苦しさから解放されるために一歩踏み出す凪と慎二。

会場を抜け出した2人は公園で互いの過去を思い返し、母にひどいこと言ったと声をあげて泣く凪。慎二は祖母に「おめでとう」を言い忘れたという理由で泣き、公園で大人2人が泣きじゃくるという異様な光景に。

そしてその夜、アパートへ帰る凪と凪を送る慎二の前に急に現れるゴン。

ゴンは、「俺、凪ちゃんのことが好き、めちゃくちゃ好き!」と突然想いを告白。そして、「告白ってどうしたらいいのか分からなかった」と話しながら、女性から回収してきたというものすごい量の合鍵を見せ、「これからは凪ちゃんだけを見る、凪ちゃんだけに優しくする、凪ちゃんだけ好きでいる」と本気の告白。顔の傷は合鍵を回収してきたときについたものでした。

戸惑う凪とやられたという顔の慎二。そこで物語は終了、いよいよ来週が最終回となります。

ゴンのストレートな告白にTwitterで話題となり、現在「ゴンさん」「#凪のお暇」「凪ちゃん」という関連ワードがトレンド入り。

ネット上では慎二派とゴン派で人気が分かれていますが、どちらも捨てがたいほど回を追うごとに魅力が増していっています。

多くの視聴者の金曜日の楽しみであった「凪のお暇」。最終回の放送を控える今から「凪ロス」となることが予想されます。

京都に「不思議な宿」が誕生 遊び心満載な仕掛けに「行きたい!」の声続出

一部屋一部屋、異なるユニークな仕掛けが施されているゲストハウス「不思議な宿」が京都市橋詰町にオープンしました。

「不思議な11の客室」と謳われた部屋は、それぞれ遊び心満載の仕掛けが施されており、「怪奇現象が起こる部屋」や「スイッチが異様に多い部屋」、「ボドゲ尽くしの部屋」など様々。

各部屋1~2人で宿泊できる部屋となっており、1人1泊7500円~。

不思議な11の客室

「怖い部屋」

怖さを調節できるダイヤルがついた部屋で、0のままだと特に何も起きないとのことですが、1~4に合わせるとそのレベルに合わせた怪奇現象が起こるとのこと。

ネタバレは禁止となっており、怖さレベルマックスの4は夜19時以降しか体験できません。

こちらの動画では、赤い光の点滅や様々な仕掛けに怖がる客の様子を見ることができます。

「多い部屋」

部屋のスイッチが驚くほど多い「多い部屋」。6つあるサウンドスイッチを押すと様々な音が鳴る仕掛けが施されており、特に子どもから人気を集めそうな部屋となっています。

鳴る音には種類があり、「単音モード」や「連打モード」、「ライブモード」などその時の気分に合ったセレクトで盛り上がることができ、ライブモードではスイッチが楽器になるなど夢中になること間違いなし。

「贈る部屋」

ボイスレターを贈ることができる部屋。一緒に宿泊する人に、あらかじめ録音しておいたボイスレターを感傷的な音楽・照明とともに贈ることができ、録音は最大4名まで可能とのこと。

録音した音声は小さな木箱に入り、スイッチを押すと部屋が暗くなりボイスレターが流れます。

恋人や家族、友人に贈ると喜ばれるかもしれません。

「景色の部屋」

こちらは、障子から見える景色を変えられるという、幻想的な部屋。

深い森の中にいるような景色や、雨が降る外の景色、暖炉や宇宙の景色など、20種類以上の景色の中から好きな景色を選択することができます。

部屋に設置されているiPadを用い、専用アプリから景色を変更することができます。

「ボドゲの部屋」

こちらは、たくさんのボードゲームが用意された、子どもも大人もめいっぱい楽しむことができる部屋。

アナログなボードゲームが多く、併設されているカフェスペースが空いていればそこでも遊ぶことができるのだそう。

また、周りに部屋がない1階に「ボドゲの部屋」が位置しているので、騒いでも大丈夫とのこと。

すごく楽しそうです。

「代謝の部屋」

ボルダリングのホールドが和室の壁面につけられている「代謝の部屋」。

和室×ボルダリングという、なかなか斬新な部屋です。

ボルダリング以外にも、ダンベルやヨガグッズなどの筋トレグッズが多数用意されているため、思う存分汗をかくことができます。

「良き部屋」

和雑貨が飾られている、ただただ可愛い「良き部屋」。

天井には雲が浮かんでおり、はっと目を引くピンクの和傘や可愛らしい和小物が並んでいる部屋です。

ホームページによると、この部屋が「唯一静かな客室」とのこと。

「回す部屋」

部屋の壁面にある黒電話のダイヤルを回して遊ぶことのできる部屋「回す部屋」。

こちらも子どもが好きそうな仕掛けで、ダイヤルの横に設置されている不思議な装置からの質問に答えることができます。

「憑依の部屋」

一見怖そうな響きに思える「憑依の部屋」。

ですが、歴史上の偉人・坂本龍馬が憑依する部屋らしく、設置されている神棚に向かって質問を投げかけるとノックで返事をしてくれるという何とも不思議な部屋。

まず、神棚に向かって正座をし一礼。その後、「お~い龍馬」というと、1回ノックが返ってきます。

偉人に質問を投げかけ、返ってくるノックが2回ならイエス、3回ならノー、と返答に応じてノックの回数が違うとのこと。

悪口を言うと怒ってしまうそうですが、ほめると喜ぶそうです。たくさんほめたくなっちゃいます。

「お伽の部屋」

こちらも「憑依の部屋」と同じようなシステムで、ノックで桃太郎と心を通わせることができます。

設置されている神棚に質問を問いかけると、ノックで返答してくれます。

「ゲームの部屋」

「ボドゲの部屋」と同じような部屋で、こちらはトランプやUNO、オセロ、将棋、花札などの定番のゲームで遊ぶことができる部屋です。百人一首もありますが、遊ぶ際は4人くらいで2室予約して宿泊するのが吉。

喫茶店も遊び心満載

部屋だけでなく、併設されている喫茶店もお洒落で遊び心満載。

なんと飲み物、食べ物以外に「音楽」が注文できるようになっており、「時報」「フレンチ」「テクノ」「ロック」「和風」「ラウンジ」「ウクレレ」「シネマ」「オペラ」の中から好きな音楽を選んで注文すると、そのテンポに合わせてライトや時計の針、お手洗いの表示が踊りだすという仕掛けが。

お洒落でユニークな仕掛け満載な「不思議な宿」。ネット上では、「ここ行ってみたい!」「ボドゲの部屋すごく気になる」「怪奇現象の部屋怖いのかな?面白そう」など、泊まりたいという声が多く挙がりました。

京都駅から歩いて10分ほどとアクセスも良く、宿泊費も1人7500円からとリーズナブル。

京都を訪ねる際にはぜひ、「不思議な宿」を検討されてみてはいかがでしょうか。

水野美紀と小池徹平のアクションシーンが話題に!ドラマ史上に残る修羅場を更新し続けるAbemaTVドラマ「奪い愛、夏」

毎週木曜夜23時からAbemaTVにて放送されているドラマ「奪い愛、夏」。

主演の水野美紀さんを始め、小池徹平さんや松本まりかさん、小手伸也さん、田中みな実さんらの怪演が話題となっている同ドラマ。12日に第6話が放送されました。

毎週波乱の展開しかないストーリーですが、第6話も凄まじい展開が繰り広げられました。

40代向けのマッチングアプリ・ラブネクストの社長・花園桜(水野)は、親の友人がなすりつけた借金に悩む桐山椿(小池)を1億円で買い、2人は契約結婚します。ですが、椿には同僚の空野杏(松本)と交際しており、結婚後も密会を重ねていました。そんな中、執念深い桜に不倫現場を押さえられ、執拗な嫌がらせを受ける椿と杏。

親の友人が1億円を返しにきたことから、お金を全額桜に返し、杏と生きていくと決めた椿でしたが、実は過去に桜と杏が交際していたことが判明。桜は杏のことが忘れられず、交際相手の椿を奪うために契約結婚をしましたが、杏はもうよりを戻すつもりはないとキッパリ。

そして、椿の後輩・姜(テジュ)の力を借り、群馬の山奥に位置する小屋へ逃亡する2人。愛し合う2人でしたが、徐々に杏への束縛が強くなり、家から出させまいとする椿。歪んだ愛情が杏を苦しめます。そんな折、杏が椿との子どもを妊娠していることがわかりました。

そして第6話では、2人の隠れ家を探し出し畑を荒らす桜の姿が。翌日、畑の惨状を見た椿は膝から崩れ落ちます。すぐに桜の仕業だと分かりますが、それで火が付いたのか、杏を部屋に閉じ込め鍵をかける椿。

不安になった杏は、過呼吸になりながらもなんとかその部屋を抜け出しますが、偵察に来ていた土筆(小手)と井川(田中)に捕まります。

ですがその場面を見た椿は井川を人質に取り、「杏を返さなければ井川の瞳をえぐる」とくわを持ち脅し、何とかその場は乗り切りますが、今度は杏の足に手錠をかけまたも軟禁状態にする椿。

椿から杏を引き離せなかった土筆は、桜に失敗を責められます。そして、2人の家に放火をしようと企む土筆。「放火はだめだよねえ」と言っていたのに結局土筆は家に火をつけ、計画通り2人は引き離されます。怖すぎる。

桜のもとに連れてこられた杏は、これまで以上に桜を拒絶しますが、今度は両手に手錠をかけられまたも軟禁されてしまいます。そこで、妊娠していることを桜に打ち明けると、「私と杏の子よ」とぶっ飛んだことを言う桜。

桜は念願だった杏との子を授かったことに喜びを感じますが、杏は恐怖の表情を浮かべます。松本さんのお芝居がとてもリアルなワンシーンでした。

一方、椿は間一髪のところで姜に助けられ一命を取り留めます。椿は「俺といると杏は幸せになれないのかな」と悩みますが、狂気的な表情で「杏、待っててね────!」と叫び、杏を取り戻すために金属バットを持ってラブネクストに乗り込みます。

「杏を奪いに来ました」「桜社長を出せ」とうつろな表情で訴え、バットで杏の席の備品やらを壊す椿。井川が身体を張って椿の侵入を防ぎますが、そんな井川を殴打。続いて止めに入った土筆もバットで殴られ、もう何が何やら状態に。

そして椿は強行突破で桜の元へ行き、桜に家の鍵を渡すよう脅しますが、バットをかわす桜。強すぎます。

そしてここからアクションシーンに。長机に椿を倒し、ザーッと滑らせて落とす桜。ドラマ史上に残る修羅場です。

椿をこてんぱんに倒した桜でしたが、頭の中で鈴が鳴ると言い急に倒れてしまいます。その隙を見計らい、鍵を奪い杏の元へ行く椿。

一緒に逃げようと話す椿に、「椿さんもおかしいよ」と悟し、逃げることを拒む杏。2人は桜とちゃんと向き合い、話し合おうと決心します。

2人は桜の病室へ行きますが、そこに急に桜の叔母が登場。叔母は桜に対し幼少期から冷たく当たり、桜もそんな叔母を嫌っていましたが、ある時突然叔母の元を桜が訪ね、今愛している人は女性で、杏という名前だということ、うまくいっていなくてつらいと話していたことを告白。

そして、桜の脳に腫瘍があり、このままだと長く生きられないということが分かったと椿と杏に告げる叔母。当の本人もまだ気づいていない病気の存在に杏は表情を曇らせますが、椿は「ラッキーだ…」とつぶやきます。そして狂ったように笑いだす椿。

椿は杏の手を取り、さあ行こう!と促しますが、その手を振りほどく杏。そして、丸い目を大きく見開きながら、「私、桜さんのこと好きだ…」とつぶやいたところで物語が終わります。

正直スケールが大きすぎて視聴者がもうついていけない感は否めませんが、あまりに思い切った俳優陣の芝居が面白く、振り切ったドラマになっています。地上波ではできない小ネタを詰め込んでいる「奪い愛、夏」。

ドラマと連動した、桜社長の「監視日記」というInstagramも随時更新されており、こちらはドラマにハマる視聴者のコメントが多く寄せられています。

View this post on Instagram

二人を成敗しました

A post shared by 監視日記(自分だけ) (@sakura_kanshi) on

残すところあと2話となった「奪い愛、夏」。桜と杏は再び結ばれるのか、杏を失った椿はどんな暴挙にでるのか、なんだかんだ先が気になります!

声優・沢城みゆきが朝ドラ「なつぞら」に!顔出し出演にファン歓喜

毎朝8時から放送されているNHK連続テレビ小説100作目となる「なつぞら」。

広瀬すずさんが主人公・奥原なつを演じており、草刈正雄さんや松嶋菜々子さん、岡田将生さん、中川大志さん、吉沢亮さんなど若手からベテランまで多くの豪華俳優陣がキャスティングされています。

親を戦争で亡くし、父の戦友に引き取られ北海道・十勝の柴田家ですくすくと育ったなつ。柴田牧場の仕事を手伝っていたなつですが、アニメーターになりたいという夢を叶えるべく上京し、念願であったアニメ制作に携わるというストーリー。

今月28日に最終話を迎える「なつぞら」ですが、本日13日に放送された第143話に人気声優の沢城みゆきさんが登場したことで、ネット上では大きな話題となっています。

沢城さんは、なつらが劇中で制作したアニメーション「大草原の少女ソラ」で声優に初挑戦する白本知香子役を熱演。顔出しでの出演を果たし、主人公・ソラにアフレコする姿が放送されました。

「声優に初挑戦する若手女優」という役柄にはいい意味でそぐわないほど圧倒的な声量と漂うオーラ、圧巻の「プロ」の演技に鳥肌がたったシーンでした。

「みゆきち」の愛称で親しまれる沢城さんは、なつぞらで魅せた可愛らしい少女の声のほかにも、セクシーな声や男性のような声を自在に操る人気声優。

「ルパン三世」では峰不二子役、「PSYCHO-PASS」では唐之杜志恩役、「図書館戦争」では柴崎麻子役、2018年からは「ゲゲゲの鬼太郎」で鬼太郎役を演じるなど、主要キャラからモブキャラまで、多くの作品で様々なキャラクターの声を担当されてきました。

沢城さんの出演を受け、Twitterでは「沢城みゆき」がトレンド入り。ネット上では、沢城さんの顔出しでの出演に驚く声や、「沢城みゆきを見たくて初めて朝ドラを観た」というファンの声が挙がりました。

なお、沢城さんは9月14日(土)・18日(水)・24日(火)・25日(水)に放送されるなつぞらにも出演されているとのこと。重要な役柄での出演に、視聴者の期待が高まります。

また、99作目の朝ドラ「まんぷく」で主演・立花福子を好演した安藤サクラさんも「大草原の少女ソラ」のナレーター役として声の出演を果たし、「まんぷく」ファンの視聴者からは喜びの声が挙がりました。

最終話に向け、新たなキャストが次々と登場する「なつぞら」。残すところあとわずか、どのような展開で幕を下ろすのでしょうか。

田中圭が今度は花屋に! 今泉力哉監督とタッグを組んだオリジナル映画「mellow」1月公開

13日、主演に田中圭さん、ヒロインに岡崎紗絵さんを迎え、今泉力哉監督がメガホンを取った映画「mellow(メロウ)」が公開されることが明らかになりました。

2019年に公開された「愛がなんだ」「アイネクライネナハトムジーク」で知られる今泉力哉監督が脚本も務め、完全オリジナル脚本となった同作品。ゆったりとした大人な恋愛映画であることを感じさせる予告映像も解禁されています。

主演に抜擢された田中圭さんは、独身で彼女なし、花が好きで街で1番お洒落な花屋で働く主人公・夏目誠一を演じます。田中さんは今、テレビで見ない日はないくらいドラマに映画に引っ張りだこ。

今年公開された映画は声優での出演作も含めると4本、ドラマは3本、バラエティ番組のレギュラーが1本、主演舞台にCMも多数とかなり忙しそうな田中さん。今月12日には「おっさんずラブ」の続編が今年の秋放送と発表されたので、さらにメディア露出が増えることが予想されます。

対して、ヒロインを務める岡崎紗絵さんは、父親から受け継いだ廃業寸前のラーメン屋を切り盛りする女店主・木帆を演じます。

岡崎さんは2012年、広瀬すずさんらとともにミスセブンティーン2012に選ばれ芸能界デビュー。すらりとした手足に小さい顔が特徴で、現在は女性誌「Ray」の専属モデルとして活動されており、徐々に女優としても活動の幅を広げてきました。

映画「不能犯」では前川夏海役、ドラマ「僕たちがやりました」では三浦由佳役、ドラマ「パーフェクトワールド」では川奈しおり役を務め、映画のヒロインを演じるのは今作が初めての若手女優です。

他主要キャストには、今泉力哉監督の過去作「パンとバスと二度目のハツコイ」に出演した志田彩良さんや山下健二郎さん、現在放送中の「凪のお暇」で白石うらら役で出演している白鳥玉季さんや松木エレナさん、SUMIREさん、ともさかりえさん、小市慢太郎さんなどが発表されました。豪華俳優陣が脇を固めます。

主題歌は並木瑠璃さんの「花になる」。予告では、澄んだ声がストーリーにしっくりと馴染んでいます。

今作の発表にTwitterでは、「圭くんがお花屋さんとか似合う」「絶対毎日お花買いに行く!」など、田中さんの新しい一面が観れることを喜ぶファンの声が挙がっています。

映画「mellow」は2020年1月17日(金)全国ロードショーです。

宮川典子衆議院議員が逝去、享年40歳 乳がんで

12日、自民党衆議院議員の宮川典子(みやがわのりこ)さん(40)が乳がんのため東京都内の病院で亡くなられました。

宮川議員は中学・高校の元教員だった過去の経験や知識を生かし、日本の教育を建て直すために2017年には安倍第3次改造内閣において文部科学大臣政務官を務め、教育の再生・教育無償化の妥当性を示すなど、様々な取り組みを行ってきました。

山梨県に生まれ、慶応義塾大学文学部卒業後、母校である山梨学院大学附属中学高等学校に英語教師として5年間従事し、退職したのち2012年に第46回衆議院議員総選挙に山梨1区から出馬。

2010年に立候補した際は僅差で敗れ落選していますが、第46回の選挙では見事初当選を果たしました。

文部科学大臣政務官を2度務めた宮川議員は、就任について過去に「望んできた役」と話しており、現場で働く教員や子どもたちの未来を切り拓いていくために自身の知識を生かしたいと意気込みをあらわにしていました。

また、宮川議員が目指す政策として、『「いつでも、どこでも、誰でも、何度でも、チャンスにアクセスできる国・日本」の構築』と『頑張る人、頑張ろうとする人が明日を信じられる日本へ』という2点を公式に掲げていました。

主に教育投資国家への転換や教育格差をなくす取り組み、教育現場の正常化など教育関係や地元・山梨県の強みを伸ばす施策に尽力されてきた宮川議員。

40歳というあまりに早い訃報に、政界からは驚きと悲しみの声が広がっています。

政界以外にも、ネット上では宮川議員を応援していた支持者からの哀悼の声が相次いで挙がっています。葬儀・告別式は未定とのことです。