実写化不可能と思われた「蜜蜂と遠雷」が映画化!試写会で主演・松岡茉優が特設インスタをアピール

第156回直木三十五賞・第14回本屋大賞をダブルで受賞した恩田陸さんの小説「蜜蜂と遠雷(みつばちとえんらい)」が映画化されます。

同作品は若手ピアニストの登竜門とされる芳ヶ江国際ピアノコンクールを舞台とした青春群像小説で、主演・栄伝亜夜役を松岡茉優さん、高島明石役を松坂桃李さん、マサル・カルロス・レヴィ・アナトール役を森崎ウィンさん、風間塵役を鈴鹿央士さんが演じます。

他にも、臼田あさ美さんやブルゾンちえみさん、福島リラさん、眞島秀和さん、片桐はいりさん、光石研さん、斉藤由貴さん、鹿賀丈史さんら豪華キャストが集結。

累計発行部数が134万部を超える同作品は、読んでいると音楽が流れて聞こえてくるほどの圧巻の読み応え。2016年に刊行され、時が経った今でも多くの読者に愛されている作品です。

「実写化不可能」と言われた「蜜蜂と遠雷」ですが、映画「愚行録」やドラマ「イノセント・デイズ(WOWOW)」、その他数々の短編映画の監督で知られる石川慶さんがメガホンを取り実写化されました。

楽曲を実際に演奏するピアニストの方々も豪華な面々がそろい踏み。河村尚子さん、福間洸太朗さん、金子三勇士さん、藤田真央さんなど日本を代表するピアニストが映画を彩ります。

16日に都内で行われた完成披露試写会では、主演の松岡さん、松坂さん、森崎さん、鈴鹿さん、石川監督が登壇し、映画の見どころや撮影時の様子などを和気あいあいとした空気のなか伝えました。

松岡さんは映画の見どころについて「日本映画離れした映像美。新しい音楽映画ができた自信があります」とコメント。また、「蜜蜂と遠雷の期間限定インスタグラムを開設したんですが、フォロワー数が思わしくないんです」と現在7万人のフォロワーがいると話し、もう一桁ほしいとアピールしました。

8月26日に開設された「蜜蜂と遠雷」のInstagramは、公開日までの期間限定で特設されたアカウント。松岡さん本人が発信し、松岡さんの写真が主に投稿される宣伝用のアカウントです。

これを受けてか、16日には7万人だったフォロワーが現在10万人に増加。17日にアップされた投稿には、ファンから「フォロワー増えたね!」というコメントが並びました。

厳しい局面にぶつかりながらも、コンクールという舞台で闘い抜く新鋭のピアニストたちの葛藤と青春を描いた「蜜蜂と遠雷」。

10月4日(金)ロードショーです。

【2019秋スタート!】これから始まる、毎週火曜日に放送される新ドラマまとめ

夏クールに放送されてきたドラマが次々と最終話を迎える寂しい時期になりました。ですが、10月には多くの新ドラマが放送開始となります。

ここでは、これから始まる秋ドラマで、毎週火曜に放送される予定のドラマをまとめてご紹介したいと思います。

毎週月曜から放送のドラマについては下記のリンクからご覧いただけます。

21時~

まだ結婚できない男

放送日:10月8日(火)

放送局:カンテレ/フジテレビ

主演:阿部寛

キャスト:吉田羊、稲森いずみ、深川麻衣、塚本高史、咲妃みゆ、平祐奈、阿南敦子、奈緒、荒井敦史、小野寺ずる、美音、不破万作、三浦理恵子、尾美としのり、草笛光子 ほか

2006年にも阿部寛さん主演で放送された「結婚できない男」。令和になってもまだ結婚できない、阿部さん演じる桑野信介の日常をコミカルに描く「まだ結婚できない男」がこの秋放送されます。

2006年から13年間が経った世界を舞台に、桑野を取り巻く女性たちと今度こそ結婚するのかどうなのかといったところが描かれます。

今回桑野を取り巻くのは、弁護士役の吉山まどかを演じる吉田羊さん、吉山に離婚裁判の代理人をしてもらう岡野有希江役の稲森いずみさん、 桑野の住むマンションの隣に引っ越してきた戸波早紀役の深川麻衣さんなど、美しい豪華女優陣。

ほかにも、「あなたの番です」で奇人・尾野幹葉を演じた奈緒さんや、2006年に放送された「結婚できない男」にも出演していた塚本高史さんや尾美としのりさん、三浦理恵子さん、草笛光子さんなど、ファンにはたまらないキャスティングで繰り広げられる「まだ結婚できない男」。

ポスタービジュアルの「よけいなお世話です。」という記載が切ないです。

22時~

G線上のあなたと私

放送日:10月15日(火)

放送局:TBS

主演:波瑠

キャスト:中川大志、松下由樹、桜井ユキ、鈴木伸之、真魚、滝沢カレンほか

「G線上のあなたと私」は、いくえみ綾さん原作の同ドラマ。過去にいくえみさんの漫画「あなたのことはそれほど」が実写ドラマ化された際に主演として出演した波瑠さんですが、今回も主演として主人公・小暮也映子を演じます。

また、同じく「あなたのことはそれほど」に出演していた鈴木伸之さんも主要キャストとして抜擢。

タレントとして活躍する滝沢カレンさんは初めて連続ドラマのレギュラーキャストとして出演するうえ、妊婦さんという難しい役どころを演じます。

バイオリン教室に集った、婚約者に振られた也映子(波瑠)、大学生の理人(中川大志)、パート主婦の幸恵(松下由樹)の3人が織りなす、恋と友情の物語です。

25時28分~

左ききのエレン

放送日:TBSは10月22日(火)から、MBSは10月20日(日)から

放送時間:TBSは25時28分から、MBSは25時15分から

放送局:TBS

主演:神尾楓珠、池田エライザ

いまだ追加キャストが発表されていない「左ききのエレン」は、かっぴーさん原作、リメイク版の作画をnifuniさんが担当するマンガをもとに製作されたドラマで、「何者か」になるために広告代理店でがむしゃらに働く朝倉光一を神尾楓珠さん、類まれな絵の才能を持つ山岸エレンを池田エライザさんが演じます。

「天才になれなかった全ての人へ」というキャッチコピーのもと、クリエイター群像劇が展開されます。

おわりに

大人の恋愛から、若者がもがくストーリーまで揃った火曜日。「まだ結婚できない男」を観てからの「G線上のあなたと私」という流れが火曜のルーティーンとなりそうです。「左ききのエレン」は若干遅めの時間ですが、キャッチコピーに惹かれたのでチェックしようと思います。

次回は毎週水曜放送のドラマをまとめていきます。

【2019年秋スタート!】これから始まる、毎週月曜日に放送される新ドラマまとめ

夏に放送された人気ドラマ「あなたの番です」や「偽装不倫」、「Heaven?~ご苦楽レストラン~」などが最終話を迎え、「凪のお暇」や「監察医 朝顔」、「なつぞら」などもクライマックスを控えており、ドラマを楽しみにしている方はロスがこたえるこの時期。

ですが、あともう少しで様々な新ドラマが放送開始となります。

ここでは、これから毎週月曜に放送されるドラマをまとめてご紹介します。

夜21時~

シャーロック

放送日:10月7日(月) 初回30分拡大

放送局:フジテレビ

主演:ディーンフジオカ

キャスト:岩田剛典(EXILE/三代目 J SOUL BROTHERS)、佐々木蔵之介、山田真歩、ゆうたろう ほか

10月期の「月9」は、アーサー・コナン・ドイル作、世界で愛される有名なミステリー小説「シャーロック・ホームズ」シリーズを原作にした「シャーロック」に決定。

月9への出演は初めてとなる俳優のディーンフジオカさんを主演・「シャーロック(誉獅子雄)」に迎え、相棒の「ワトソン(若宮潤一)」を岩田剛典さんが演じます。岩田さんもディーンさん同様、月9枠への出演は初めて。

シャーロックに事件の捜査を依頼する警部を演じるのはベテラン俳優・佐々木蔵之介さん。またその秘書を山田真歩さんが務めます。山田さんは、4月~9月にかけて2クールにわたり放送された人気ドラマ「あなたの番です」で謎の住民・木下あかね役を演じ、ミステリアスな演技と雰囲気で話題になりました。

また、情報屋の少年を俳優・モデルとして活躍するゆうたろうさんが演じます。

「令和の東京」を舞台に、数々の難事件に挑むシャーロックとワトソンの姿を痛快に描くドラマ「シャーロック」。

世界の「シャーロック・ホームズ」が、日本のドラマではどのような展開を繰り広げていくのか期待されます。

夜22時~

ハル~総合商社の女~

放送日:10月21日(月) 初回15分拡大

放送局:テレビ東京

主演:中谷美紀

キャスト:藤木直人、白洲迅、忍成修吾、山中崇、加治将樹、渡辺邦斗、寺田心、奥田瑛二  ほか

中谷さん演じる海原晴が常識にとらわれることなく、ラーメン屋の再建から、海外の病院の買収など数々の諸問題を大手総合商社の経営企画部・部長補佐として働く中で解決していくという爽快ヒューマンドラマです。

中谷さんはバツイチのシングルマザーという役どころで、晴の元夫で上司を藤木直人さん、晴の息子を寺田心さん、経営企画部の若手社員を白洲迅さん、経営企画本部長を奥田瑛二さんが演じます。

現在NHK連続テレビ小説「なつぞら」に出演している藤木さんは、「「なつ」の後は秋だと思っていましたが、まさか「ハル」が来るとは想像してませんでした(笑)」とコメント。「ハル」の藤木さんにも期待が高まります。

大手商社の仕事模様だけでなく、恋愛要素もあるという「ハル~総合商社の女~」。

1週間の始まりである憂鬱な月曜の夜に、スカッとしたお仕事ドラマで気分をあげていけそうです。

24時59分~

ブラック校則

放送日:10月14日

放送局:日本テレビ

主演:佐藤勝利(Sexy Zone)

キャスト:髙橋海斗(King & Prince)、モトーラ世理奈、田中樹、成海璃子、戸塚純貴、薬師丸ひろ子 ほか

11月に映画化もされる同作品は、とある高校でクラスの空気のような存在の創楽(佐藤)と、お調子者の中弥(高橋)の2人が、規律を重んじる高校の“ブラック校則”をつぶすために立ち向かう姿を描くという青春ストーリー。

おわりに

ミステリーにお仕事、学園ものと楽しみなドラマがてんこ盛りな月曜日。

「シャーロック」はコナン・ドイルの世界観がどう描かれるのかとても気になります。また、個人的にお仕事ドラマの藤木直人さんが好きなので「ハル」も要チェックです。

このあとは火曜以降の秋の新ドラマもまとめていきます。

元NGT48・まほほんこと山口真帆が卒業後初のテレビ出演、フジテレビ系「ノンストップ!」でマカオ旅

今年5月にNGT48を卒業し、大手芸能事務所・研音に所属し女優に転身した山口真帆さん(23)が、16日にフジテレビ系で放送された情報番組「ノンストップ!」のVTR企画に出演し話題となりました。

「まほほん」の愛称で親しまれる山口さんが女優に転身後テレビに出演するのは、 同番組が初めて。

放送されたのはマカオを旅するという企画で、フジテレビの久代萌美アナウンサーとともに女子旅を楽しんだ山口さん。

山口さんは2018年、2人の男性ファンから顔を掴まれるなどの暴行を受け、その被害を動画配信サービス「SHOWROOM」の配信の中で告白するも運営は沈黙。

重ねて山口さん側が「会社を攻撃する加害者」と以前所属していた事務所の社長に言われていたことも明らかになり、山口さんは自身が卒業するしかないと考えNGT48を卒業、アイドルとしての活動を終了しました。

メンバーの中に山口さんを陥れた可能性のある主犯格が存在すると山口さんは主張しましたが、運営の発表により「事件そのものに関わっていたメンバーはいない」という結果になり、結局現時点でもすっきりとした解決には至らないまま時間が経とうとしています。

恋愛禁止というルールを守ってきた山口さんでしたが、他メンバーは一部ファンとつながりを持っていたということが山口さんのTwitterの投稿で明らかとなり、事件の解決を求める声が今でも多く挙がっています。

そんな中、女優として再スタートを切った山口さんの元気な姿を見ることができ、ファンからは喜びの声が挙がっています。「ノンストップ!」放送時には、Twitterに「山口真帆」がトレンド入り。

VRのアトラクションにチャレンジしたり、ショッピングやごはんを楽しむなどマカオを満喫する山口さん。16日に放送されたのは前編で、後編は23日(月)に放送されるとのことです。

また、明日17日に24歳の誕生日を迎える山口さん。同時に自身初となる写真集「present」の発売日でもあり、一足先に入手した多くのファンが感想をSNSに投稿しています。

写真集のお渡し会も実施される予定で、アイドル現役時代からのファンでお渡し会に当選した方は「久しぶりにまほほんに会える」と歓喜の声を挙げています。

新たなスタートを切った山口さんが、今度は誰からも邪魔されずに女優としての道を歩むことができたらいいなと思います。

木村拓哉主演のスペシャルドラマ「教場」追加キャストが発表、ノンスタ石田も出演

木村拓哉さん主演で、2020年、2夜連続で放送される予定のドラマ「教場」。これまで、主要キャストとして工藤阿須加さんや林遣都さん、川口春奈さん、葵わかなさんなど 豪華俳優陣の出演が発表されていましたが、ドラマを彩る追加キャストが16日、発表されました。

「教場」は、「傍聞き」などで知られる長岡弘樹さんの小説で、警察官の適性がない人間をふるい落とす警察学校を舞台に、生徒たちの思惑を観察力に長けた教官が見破っていく、ミステリー小説です。

「週刊文春ミステリーベスト10 2013年」にて第1位に、「このミステリーがすごい! 2014年版」で第2位に選ばれ、多くのファンを持つ「教場」。

続編も出版されており、2013年に刊行された「教場」に続き2016年に「教場2」、2017年には「教場0」とシリーズ化されました。

これまで数々の役柄を演じてきた木村拓哉さんが、「教場」で警察学校の教官に。そして同ドラマの脚本を担当するのは「踊る大捜査線」シリーズや映画「誰も守ってくれない」、「グッドモーニングショー」などの脚本を手掛けた君塚良一さんです。

16日に発表された追加キャストは、小日向文世さん、佐藤仁美さん、和田正人さん、高橋ひとみさん、石田明さん(NON STYLE)、筧利夫さん、光石研さんの7名。光石さんは今回友情出演での参加となります。

また、上述した工藤さん、林さん、川口さん、葵さんのほか生徒役には三浦翔平さん、大島優子さん、西畑大吾さん(なにわ男子/関西ジャニーズJr.)、井之脇海さん、富田望生さん、味方良介さん、村井良大さんらが出演。

若手俳優からベテラン俳優、また人気お笑いコンビ・NON STYLEの石田さんまで、豪華な面々が集結しました。

追加キャストの発表にTwitterでは「石田さんのお芝居楽しみすぎる!」「原作面白かったから絶対観る」など、ドラマの放送を待ちわびるファンの声が多く挙がりました。

フジテレビ開局60周年特別企画として制作されたドラマ「教場」は2020年新春、2夜連続で放送される見込みです。

【オオカミちゃんには騙されない】ゆうか・ひろむ・ルード・いとが四角関係に 「オオカミちゃん」は誰?

毎週日曜夜22時からAbemaTVにて放送されている「オオカミちゃんには騙されない」。

同番組は、恋がしたい男女それぞれ5名が、番組から出された「カフェを期間内に創り上げる」という課題をクリアするために作業を進めていくなかで恋をしていくという恋愛リアリティーショー。

ですが他の恋リアと違い特徴的なのは、5人いる女の子のうち1人以上が絶対に恋をしない「オオカミちゃん」であるということ。オオカミちゃんに恋をした男性は、最終話で告白をした時にその事実を知らされることになります。

逆に、恋をした相手がオオカミちゃんでない場合、相手と両想いになることができれば告白は成功します。

これまでは男性側が「オオカミ」の「オオカミくんには騙されない」シリーズが配信されてきましたが、今回は史上初の女性側がオオカミとなり男性を翻弄します。

また、視聴者から最も「オオカミちゃん」であると疑われた女性メンバーが視聴者投票により脱落するというシステムがあり、これによりゆいと(竹内唯人)と両想いだったあいり(杉本愛里)が脱落。

あいりが脱落したときの回のまとめは下記のリンクからご覧いただけます。

あいりを失い、ここから9名で再スタートを切りました。

もしあいりがオオカミではなかったのだとしたら、脱落しなかったメンバーの中にオオカミちゃんがいるままとなります。

もう脱落することがないと踏んだオオカミがメンバーの中にいるとしたら波乱の展開を迎えると予想されてきましたが、15日に放送された最新話では月ラインをめぐりトラブルが。

以前は和馬(ミッチェル和馬)に想いを寄せていたものの振られ、ひろむ(黒田昊夢)にストレートな気持ちをぶつけられるゆうか(鈴木ゆうか)が月ラインでデートに誘ったのは、いと(宮瀬いと)が想いを寄せるルード(Rude-α)。

これまでルードに見向きもしていなかったようなゆうかがひろむではなくルードを誘ったことでメンバーは混乱。特にいとは「なんで?」という思いを隠せません。

動揺するいとにほのばび(浪花ほのか)は、ゆうかは恋愛相談をしたくてルードを呼んだんだと思うと励まし、いともそれで納得しようとします。

一方のゆうかは、自分のことを好きなひろむとの5歳差という年齢差が気になってしまうと打ち明け、「ルードくんのことが気になっている」とはっきり伝えます。ルードは驚いた表情を見せますが、まんざらでもない様子。

ルードに想いを伝え、デートから帰った2人はメンバーが作業を行うアトリエへ。ゆうかはひろむに「(気になる人が)2人いる」と話します。ひろむは「選択肢の中に入っている限り俺は待ってる」と告げ、またも悩む表情を見せるゆうか。

その頃、いとは想いを寄せるルードのもとに。いつもはサバサバ楽しく話す2人ですが、気まずいのかルードは無言。そんな空気にいとも話せないでいます。ゆうかから「気になっている」と告げられたルードの気持ちは明らかに揺らいでいるように見えました。

その後、いとの誘いで一緒に料理をする2人。ルードはゆうかから相談を受けていたこと、ゆうかから気になっていると言われたことを話します。「気持ちは変わった?」といういとの質問にルードは「順位とかはない」「どっちも素敵な女性だと思っている」とはぐらかし、気持ちは不透明なまま。

それぞれの想いが交錯するなか、全員がいる時にひろむが月ラインを使用。そしてみんなの前でゆうかを指名し、ラインを使わず口頭でデートに誘います。この誘い方は今までありませんでした。

そしてその夜、いとも月ラインを使用し、ルードを誘いました。これに対し複雑な表情をのぞかせるルードとゆうか。いと、ルード、ゆうか、ひろむ。思いもよらなかった四角関係が誕生しました。

そして「裏切りの月ライン」と題された次回予告では、いとに謝るルード、ひろむと話し合うゆうかの姿が。いよいよクライマックスへ突入する「オオカミちゃんには騙されない」。気になる四角関係の行方はいかに。

【恋リア】AbemaTV「恋愛ドラマな恋がしたい」いよいよ中間告白!ダイチが想いを寄せるこいはるの気持ちが明らかに

毎週土曜夜23時からAbemaTVにて放送されている「恋愛ドラマな恋がしたい ~Kiss to survive~」。

「ドラ恋」という愛称で親しまれ、20~30代の女性を中心に人気を集める恋愛リアリティーショー(恋リア)です。

恋がしたい若手俳優・女優がペアになり、キスシーンのある恋愛ドラマの主演を賭けオーディションで競うという趣旨の番組。人気を集めシリーズ化されてきた同番組は、これまで数々のドラマが生まれ、キスシーンを演じたことで本当の恋がいくつも生まれてきました。

また、同番組をきっかけに活動の幅を広げるメンバーも。

シーズン1に出演したモテ男・岡田龍太郎さんは9月からテレビ朝日系で放送されている「仮面ライダーゼロワン」に出演中。同じくシーズン1の男子メンバーのテジュさんはAbemaTVにて放送されている「奪い愛、夏」で主要キャストを演じており、これからも多くの作品に出演することが予想されます。

また、シーズン3に出演したさいとうなりさんは中村倫也さんとともに「クイックペイ」のCMに出演。また、池田エライザさんが初監督を務める映画「夏、至るころ」ではヒロインに選ばれるなど、徐々に名前を広めていっています。

そして、現在放送されているシリーズでも、今後が期待される若手俳優・女優が並び、またも波乱の展開を見せています。

14日に放送された最新話は、ドラ恋名物の中間告白1時間スペシャル。

中間告白では、女性側が気になる男性を指名、相手に想いを伝えられる時間が設けられます。この時点で視聴者は、女性陣が誰に想いを寄せているのかがわかり、また男性側も意中の相手が自分のことを好きか否かが判明するシステム。

毎シーズン誰かしらが涙を流すこの中間告白ですが、波乱の展開はあったものの今回はわりとスムーズに進みました。

お互いに想いを寄せるりょう(高崎凌)ともも(詩島萌々)は、これまで2人で主演を取るためにペアを組んできましたが、演技経験の浅さからかなかなか選ばれず厳しい意見を言われてきました。

中間告白で、ももはりょうを呼び出し、1番特別な存在だと伝えます。りょうも同じ気持ちを抱いており、演技の幅を広げるためにお互いに別の人とペアを組んだとしても特別な気持ちは変わらないと互いに約束し、次のペア決めでは別のメンバーと組むことに。

この2人はもう安定感があるので安心して観ていられます。

次にめぐ(溝口恵)が呼び出したのは、ひそかに想いを寄せてきた相手、りょう。めぐは、りょうとももがもう安定的なペアであることを理解したうえでりょうを呼び出し、「可能性はありますか?」と質問。

りょうは「正直に言うと、本当に呼ばれると思ってなかったから…」と驚いた様子。「ちょっといっぱい考えるわ」と答えました。

次にミキ(西野未姫)が呼び出したのは、一緒に主演を勝ち取りキスシーンを演じた相手・ダイチ(山口大地)。

ミキは、ダイチに「率直に私のことどう見てる?」と質問。それに対しダイチは、「女性陣の中で1番気を遣わないのはミキちゃん。そういう意味での居心地は良い」と柔らかく答えますが、「気になってる人はいる?」という質問にダイチは「いる」とキッパリ答え、ミキはその相手が自分ではないことを悟ります。

一方、とむ(藤田富)と一緒に主演を勝ち取り、カットがかかった後にもう一度キスをしたことでスタジオを驚かせたかおる(後藤郁)はとむを指名。

「次とか一緒にペア組めたら良いな」と伝えるかおる。「気になってる子はいらっしゃる?」というかおるの質問に対しとむは、「うん」と即答。かおるはとむが気になると話した女の子が自分ではないと思っていると遠回しに伝え、少し複雑な表情を見せました。

そして、男子人気1番のこいはるは、ダイチが好きなのかとむが好きなのかいまいちわからず、スタジオや視聴者を困惑させていました。

第一印象で両想いだったダイチとは1番最初のドラマでキスシーンを演じますが、「ドキドキしなかった」と衝撃的な告白をし話題に。その後ダイチとミキのキスシーンが決まると、「見たくない」と嫉妬するこいはるでしたが、結局呼び出したのはとむ。

とむはかおるへのあいまいな態度とは打って変わってあからさまに喜ぶ姿を見せ、完全に気持ちがこいはるにいっていることが明らかに。「いっぱい笑わせてくれたのがとむ」と話すこいはる。

「ほかに気になる人はいる?」という質問に、「遥のこと気になってる」とドストレートに伝えるとむ。女性目線で見るとこいはるは男性からそう言った言葉を引き出すのがすごく得意なように見えます。まさに魔性の女。

そしてこの中間告白で呼ばれなかったのはシュンスケ(西川俊介)ただ1人。また、シュンスケだけでなく、こいはるに呼ばれなかったダイチも落ち込む様子を見せました。

そして行われたくじ引きによるペア決めでは、1番を引いたこいはるがとむを指名。この指名によりこいはるが中間告白で呼び出した相手がとむであるということをダイチは理解しました。

2番を引いたももは、りょうではなくダイチを指名。演技経験豊富なダイチを選んだことに、スタジオMCの渡辺直美さんらは「賢明な判断」とコメント。

そして3番を引いたかおるは、初めてりょうを指名。4番を引いためぐは自動的にシュンスケとペアを組むことに。ペア決め終了後、めぐは「りょうと組めるかもと思っていた」と話し、涙を見せました。

5番を引いたミキは、好きな男性を選び三角ペアを組むことができるのですが、なぜかシュンスケを指名。めぐ、シュンスケ、ミキの三角ペアになりました。

ダイチを気になっていたミキですが、シュンスケといると何も気を遣わないという理由でシュンスケを指名。ここは恋愛関係になるのでしょうか。

こいはるの想いが明らかになった回でしたが、来週の予告ではダイチととむの争いが勃発。こいはるをめぐる三角関係はどのような展開になるのか、またりょうとももが2人で主演を勝ち取る日はくるのか、かおるの想いにとむはどう対応していくのかなど、9人の恋模様の行方が注目されています。

コブクロの小渕健太郎がMGCで国歌独唱 キーが外れるも歌いきる姿が話題に

本日開催された東京オリンピックマラソン日本代表選考レース「マラソングランドチャンピオンシップ(通称MGC)」の国歌斉唱をコブクロの小渕健太郎さん(42)が担当しました。

男子スタート直前に行われた国歌斉唱。大舞台で国歌を独唱するという緊張感からか、「君が代」の出だしから音程が外れてしまいますが、その後ハイトーンで歌いきる小渕さん。

終始ファルセットで独唱した小渕さんですが、2011年8月には高音域の声がうまく出せなくなる運動障害「発声時頸部ジストニア」を発症。2012年の4月までコブクロとしての活動を休止した過去があります。

毎年開催されるライブツアーにおいても、ファルセットが安定しないなどファンが心配するような場面が日によってはありますが、それ以上に多くの楽曲で相方の黒田俊介さん(42)とともに魅力的な歌声を響かせてきました。

また、自身も大阪マラソンでチャリティーランナーとしてフルマラソンに挑み完走し、2014年には大阪マラソンのテーマソングとなる曲「42.195キロ」を提供するなど、ランナーでもある小渕さん。

MGCという大舞台での国歌独唱は、ランナーとしての重圧もあったように思えます。

小渕さんが独唱する姿はテレビで放送され、喉の調子を気遣うファンの声がネット上で多く挙がりました。中には放送事故を疑う声もありましたが、あれほどの大舞台で、しかもずっと高音域となると、音程を外してしまうのは仕方ないことのように思います。

Twitterでは一時「小渕さん」がトレンド入り。スーツに身を包み、胸に手を当てて「君が代」を独唱する姿はファンにとっては新鮮に映ります。コブクロのライブは体感8割くらいがMCなので、なかなか見ることのできないきりっとした姿に胸を打たれるファンも。

緊張感や重圧のある中歌いきった小渕さんですが、喉の調子が悪くないことを祈るばかりです。

【あなたの番です】「扉の向こう」後編がhuluで配信開始!笑う遺体の謎、そして黒島が託した未来が明らかに

2クールにわたり日本テレビ系で放送され、8日に最終回を迎えた「あなたの番です」。

数々の殺人を企み、実行した黒幕が黒島(西野七瀬)であることが本編で明らかになりましたが、本編では語られなかった黒島の過去を描いた番外編が動画配信サービスhuluにて配信されると発表。

「扉の向こう 過去の扉」と題された番外編は前後編で配信され、本日15日に後編が配信されました。

前編のネタバレはこちらからご覧いただけます。

幼少期から黒島は、両親に「普通に育ってくれればそれでいい」と言われ続けてきました。ですが、自分が普通ではなくサイコパスであると認識してからは、自分をコントロールするために数学を勉強。

数学の難問を解くことで、自分の衝動や余計なことを忘れることができると気付いた黒島は、殺したい衝動を抑えるために数式をひたすら書くようになっていました。

そんなある日、黒島はいじめられている内山(大内田悠平)を救出。この時はまだお互いを知らなかった2人でしたが、黒島は「助けるのは普通の人が行う行為」と認識し助けただけでした。

何とか「普通の人」に近づこうとしていた黒島は、両親に対しても普通に見える態度で接します。

そしてきたる台風の日。雨が強く地面を打ち付け、風はどんどん強くなります。黒島の母は傘を忘れた父を迎えに行くために外出、家には松井と黒島、2人きりに。

「雨すごいね」と話す2人でしたが、黒島はそこで急な殺意を覚えます。持っているシャープペンシルで松井の頸動脈を切ったり、松井を押し倒し椅子で殴るといったビジョンが脳裏によぎり殺害の衝動に駆られますが、数式を書くことで落ち着こうとする黒島。

ですがそんな対策もむなしく、衝動を抑えられなかった黒島はシャープペンシルを片手に外へ飛び出します。

豪雨のなか外を徘徊する黒島でしたが、そこに「お姉ちゃん大丈夫~?」という声が。1人の女の子がバス停の待合所に立っており、「風邪ひくで」と黒島を迎え入れます。

女の子は友人と遊んでいましたが、帰宅途中に雨が降ってきたため雨宿りをしていると話し、疲れたとしゃがみ込みます。黒島は近くの農具などが納められている小屋を指さし、「あそこで休もうか」と誘導。

小屋の扉を閉め、女の子と黒島は密室で2人きりになってしまいます。

またも殺害の衝動に駆られた黒島は、何とか落ち着こうと小屋にあった紙に持っていたシャープペンシルで数式を書き込みますが、女の子は「2人でできることせんかえ?」と聞き、その行為を止めます。

そして黒島のシャープペンシルでゾウの絵を描き、「何描いてるでしょう?」と聞く女の子。

黒島は自身に殺意が満ちていくのを感じ、無言でいます。そんな黒島に「変なの」とつぶやいた女の子。自身が「変」であるがゆえ「普通」を心掛けて行動してきた黒島には最もこたえる一言だったと考えられます。一瞬で殺意が固まった黒島は、「もっと楽しいことするき」と、小屋に合った斧や鋏などをかき集め、「どれで遊ぶ?」と質問。

そして、次のシーンではもう女の子を殺害し、血まみれになって小屋を出る黒島の姿が。黒島は雨に濡れながら、衝動に身を任せた喜びを噛みしめるような表情を見せました。

ここで殺害されたのが、南(田中哲司)の娘・穂香(丸山澪)だったのです。

それから2年間は「普通の人」でいられた黒島。舞台は2年後、高校3年生になった黒島は松井と海に出かけます。

黒島は崖のギリギリのところまで松井を連れていき、2年前の台風の夜、外に出ていたことを黙っていてくれてありがとうと感謝を伝えます。そして、その夜に女の子を殺したと真実を伝えますが、松井は「やめろ!」と大声で制止。

そして、「信じてたんだよ!」としゃがみこむ松井でしたが、そんな松井に黒島は「全然楽しくない、今日も全然楽しくなかった」と表情を曇らせ、「私が楽しかったがは、あの時だけながです」と女の子を殺害した日だけが楽しさを感じることができたと話す黒島。

そしてここで、黒島がどうして遺体を笑わせていたのかが明らかに。

自分は殺害時に楽しさを感じたのに、殺された女の子は楽しそうではなく、また「普通の人」も殺人に楽しさを感じないという事実に打ちのめされた黒島は、遺体の口角をあげ笑わせることで「楽しい」を共有したかったのです。

遺体を笑わせることで「やっと笑ってくれた」と感じた黒島。そんな黒島に怯える松井は「ふざけんな!狂ってる」と叫び、自首して罪を償えと諭しますが、黒島はそれを拒否。そして松井を抱きしめ、

「1人殺したくらいじゃ死刑にならん」

とつぶやき、2人で崖の上から落下。結果、黒島だけが生き残り、松井は亡くなってしまいます。

目が覚めた黒島は死ぬことができなかったと嘆きますが、病室にはなぜか以前助けた内山の姿が。

そして内山は、黒島が崖から転落した日は牡羊座のラッキーデーだったため黒島が無事だったという解釈を展開し、「生きちょって良かったです」と伝えます。

そんな内山に黒島は「私のことよく知ってるね、ストーカー?」と聞きますが、内山はいじめから助けてくれたのが嬉しかったと話し、謝罪。「ごめんなさい」と謝り続ける内山の首に手をかけ、楽しそうに絞め殺そうとする黒島に内山は「大丈夫です」と苦しいながらもつぶやきます。

手を緩め、内山が発した「大丈夫」の意味を黒島が尋ねると、「もしあなたのせいで死んでしもうても大丈夫です」と答えます。そんな内山に「素質あるよ、理想には程遠いけど」と話す黒島。恐らく人を殺す素質であると考えられます。

理想に近づくにはどうしたらよいかと聞く内山の口角を上げ、「笑って」と命令する黒島。そして、「これから私がすることを楽しんでほしいから」と説明。さらに「ずっと笑顔でちゃんと見ちょってよ、本当の私を」と告げる黒島。

ここで、なぜ内山がずっと笑顔で黒島を見ていたのかという謎が解明されました。

場面は変わり、事件の真相を知り命を断とうと考えていた南を翔太(田中圭)が救ったり、黒島の思い出を消せない二階堂(横浜流星)の葛藤が描かれたり、菜奈(原田知世)を思いながら1人でポーク南蛮を食べる翔太の姿が描かれました。

そして終盤、本編で友人やそら(田中レイ)らを殺害しようとした総一(荒木飛羽)が本を読む場面に。総一が読んでいた本は以前黒島からもらったものでした。

そして読み終わった本を閉じようとした時、カバーの裏に手紙が張り付けられていたことに気が付く総一。そこには、この前後編で語られてきた告白がそのまま綴られており、これまでの黒島の語りがすべて総一に向けられたものだと分かります。

「あなたは1人じゃない」「あなたもあなたの生きたいように生きていい」「やりたいことをやりたいようにやっていい」と、総一がやりたいようにやったら人が死ぬと分かっていながら殺人を教唆する黒島。

不敵な笑みを浮かべる総一。

そして、刑務所にいる黒島が「次は、あなたの番です」と締めくくり、物語は終了。手紙も同様の文で締めており、総一がこれから黒島のようになることを予感させるような終焉を迎えました。

結局全然反省していない黒島。黒島を忘れられないと悲痛な思いを抱える二階堂が可哀想なくらいサイコパスであるということがこの「扉の向こう 過去の扉」で浮き彫りになりました。

そして総一に黒島の想いが受け継がれたのだとしたら、赤池幸子(大方緋紗子)を殺害したのは総一か?と考えられます。

前後編まですべて観てももやもやが解消されない「あなたの番です」。今後、回収しきれていない謎についての続報は発表されるのでしょうか。

【あなたの番です】hulu「扉の向こう 過去の扉」黒島の過去が徐々に明らかになる前編ネタバレ!

4月14日から9月8日と半年間にわたり日本テレビ系で放送されてきたドラマ「あなたの番です」。

マンションの住民らで「交換殺人ゲーム」を行ったあとから殺人事件が立て続けに起き、犯人を捕まえるべく手掛かりを探す夫婦の菜奈(原田知世)と翔太(田中圭)。しかし、事件の真相に近づいた菜奈が殺されてしまい、翔太は怒り狂います。そして反撃編へ突入。

菜奈が殺害されてから10話をかけて手掛かりを探し、最終話で黒幕が黒島(西野七瀬)であることが判明しました。本編では、黒島が「殺人を愛している」こと、「衝動が抑えられない」ということが分かり、ストーカーだった内山(大内田悠平)も共犯として動いていたことがわかりました。

そして、南(田中哲司)の娘・穂香(丸山澪)が殺害された事件の犯人も黒島であることがわかり、本編終了後、動画配信サービスhuluにて黒島の最初の殺人の様子を描いた「扉の向こう 番外編 過去の扉」が前後編で配信されると発表。

最終話終了後に配信された前編では、黒島が「自分は普通じゃない」と認識した高校生時代の様子が描かれました。「人を殺したい」という衝動を抱えつつも、家族や友人の前では「普通」に見えるよう心掛けていた黒島。

ですが、道端で泣いている女の子の首を絞めたくなったり、友人を石で殴りたくなったりと、殺人を犯したくなる衝動に駆られます。そんな自分を「普通じゃない」と感じた黒島は、自ら赤信号の道路に飛び込みますが死ぬことはできず。

精密検査を受けた黒島は自分の脳に異常がないか医師に問いただしますが、異常は発見されず。脳のCT画像をもらい、家庭教師の松井(池岡亮介)に見せ、「私おかしいんです」と話す黒島。医学部だった松井はそのCTを見て、一般的な脳と比べ「サイコパス」と呼ばれる人の脳に似ていると告げます。

黒島を励ます松井ですが、黒島は「私それです」と自覚。どうしようもなくひどいことをしたくなる衝動に駆られ、それが一般的に悪いことであると分かっていながらもやってもいいと思ってしまうと話します。松井は両親への相談を提案しますが、「いやだ!」と拒絶。

そして、「先生、助けて」「私、普通になりたい」とまっすぐな目で松井を見つめる黒島。そして扉の向こうでは、黒島の母(土井きよ美)が聞き耳を立てている…という場面で前編が終了していました。

サイコパスであることは最終話の告白で分かっていましたが、ここからどのように穂香や松井を殺害するのかが気になるところでした。

15日に配信された後編のネタバレは下記のリンクからご覧いただけます。