生活

「将来の不安」を軽減!お金が貯まる習慣に切り替えるには

「貯金する余裕がない…」「毎月クレジットカードの引き落としに怯える」と、お金にかかわる悩みは人それぞれ。

お金に余裕がないと、将来の不安に加え今の生活すらままならなくなってしまいます。

どうすれば「貯まらない」から「貯まる」に切り替えられるのか、原因と対策を探っていきます。

貯めるには単純に「支出を減らす」!

「支出を減らす」というのは、簡単なようでとても難しいですよね。

ですが、何にいくら使っているのか把握できていないと、家計はザル状態になってしまいます。

効率的なのは家計簿ですが、「面倒くさい!」と早々に諦めてしまう方は少なくないのではないでしょうか。

ひとつのことを続けられる方におすすめなのは、アプリで管理できる家計簿。

簡単に入力し管理できるので、レシートをためて書き出すという作業が簡略化されます。

家計簿はつけるだけでなく、その後しっかりとムダを把握しないと意味がありません。この「ムダを把握する」という過程をしっかりと踏めば、何にいくら使っているのかが見えてきます。

クレジットカードの支払総額が分からない方も、家計簿をつけることをおすすめします。

ムダな支出を見直そう

固定でかかる家賃や保険、習い事やジム代、車の維持費。家賃などは引っ越ししない限りカットのしようがありませんが、保険は定期的に見直しをすることで一気に支出がカットできます。

習い事は場所によって相場も変わるので、安いところに切り替えるだけで大幅カットが期待できます。またジム代も結構高くつきますよね。

自分に必要なものは見直し、必要のないものはばっさりカットしちゃいましょう。

携帯代もいらないサービスを解約することで、支出は減ります。

回数が多いと地味にお金がかかるのは特に交際費・食費です。

飲み会やランチは楽しい時間を過ごすうえで必要経費ではありますが、どうしても毎回2000円~1万円ほどかかってしまうことも。

食費は必要ではありますが「残らないもの」なので、本当に好きなものを食べに行くときのお金にとっておくという選択もありです。

また、お酒やたばこなどの嗜好品はなかなかカットできない…という方は多いのではないでしょうか。

特に値上がりが続くたばこは、正直ムダな支出ではありますが、喫煙者の身からするとなかなか切り離せないもの。

嗜好品がやめられないのであれば、ほかの支出を抑えないと、お金は出ていくばかりです。

どうすれば貯金できるようになる?

貯金できるようになるには、支出の見直しと、「本当に必要な買い物か」を見極める必要があります。

衝動買いを抑え、いったん「これは本当に必要か」を慎重に考えることで、ムダな買い物は減ります。

ATMで何度もお金をおろすのも、月にいくら使ったのかよくわからなくなってしまうため控えるのが得策。

固定費が月にいくらかかるのか、支払いでどのくらいお金が出るのか。そのうえで自由に使える金額を設定し、使える上限額しかお財布に入れないなど対策を講じることでお金が貯まりやすくなっていきます。

おわりに

お金を考える習慣を身につけることで、意識もだんだんと変わってきます。また、お金とうまく付き合うことで、不安の軽減も図れます。

何かあったときでも、お金に余裕があればどうにかなるということはたくさんあります。

まずは支出を見直し、家計簿など様々なツールを用いて無理なくお金について考えていきましょう。

趣味がない…自分の幅を広げる趣味の見つけ方

家と会社の往復で毎日が終わってしまう、仕事や育児に追われ好きだったことができなくなってしまった、毎日の楽しみが見つからない…など、意外と趣味のない方は多いのではないでしょうか。

趣味がひとつでもあるだけで、仕事のモチベーションやプライベートが充実することも。

ここでは自分に合った趣味の見つけ方をご紹介していきます。

ひとりでできる趣味

①読書

ひとりでできて、かつ経済的負担が少ないのが読書。

幼い頃から読書習慣のある方は抵抗なく読めるかと思いますが、習慣のない方はなかなか活字に入り込めないかもしれません。

そんな方はまずマンガから入るのがおすすめ。また、小学生~中学生向けに発刊されている「青い鳥文庫」なども読みやすいので、読書初心者の方はそちらから入るのもおすすめです。

読書の良いところは、何といっても自分が経験したことのない世界を楽しむことができること。

ミステリーのハラハラや、ファンタジーの世界に入りこむドキドキ、うっとりするような世界観の恋愛小説、ドキュメンタリーに涙…など、様々な感情を味わうことができます。

また、読書の習慣があると自然に語彙力が高まります。 読書が好きだと、幼少期は作文や国語も比較的楽しくなります。

アプリで自分が読んだ本を管理できる「読書メーター」に登録し自分の感想などを投稿していくと、同じ系統の本が好きな方と友達になることもできます。

自分の知識の幅が大きく広がる読書。空き時間や通勤時間に、まずは読みやすいものから入ってみてはいかがでしょうか。

②手芸

細かい作業や手作業が好きな方におすすめなのが手芸。編み物や縫い物だけでなく、レジンやクロスステッチなど様々な種類があります。

地道でこつこつものを創り上げていくのが好きな方にはとても向いている手芸。手芸の良いところは、創り上げたときの達成感!

うまくできたものや完成度の高い作品はフリマアプリなどで売ることもできます。自分の作品に買い手がついたときは、とても嬉しいです。

初心者の方は、手芸屋さんに行くとキットなどが売っています。ますは簡単なものを選んでみて、徐々に難易度をあげていくと良いと思います。

③ランニング・ウォーキング

気軽に運動したい方はウォーキングから始めるのがおすすめ。

動きやすい服とシューズさえあれば始められるので、始めやすく誰でもできます。経済的負担も少ないです。

ウォーキングに慣れてきたら少し走ってみたりと、徐々にステップアップしていくと、気持ち良い汗をかくことができます。

辛くなってしまうと意味がないので、根詰めすぎずに、まずは週1回程度から始めてみて、慣れてきたら増やすのがおすすめです。

好きな音楽などを聴きながら涼しい時間帯に走るととても気持ち良いですよ。

④ガーデニング・園芸

自分の家のお庭やベランダで手軽に楽しめるガーデニング・園芸。

お庭をきれいに整備したり、好きな花を育てたり、果樹や農作物の収穫を通じ、育てる楽しみや収穫する喜び、自然を楽しめる趣味のひとつです。

プランターや肥料などの園芸用品はホームセンターで購入できます。

初心者でも失敗なく育てることができる植物や、園芸に関する情報も今はインターネットなどで収集できるので、始めやすいのも魅力のひとつ。

自分が収穫した野菜などを使って、一品作る楽しみも生まれる趣味です。

⑤サイクリング

日常生活の移動手段としてだけでなく、気軽に爽快感や疾走感を味わうことができるサイクリング。

運動不足解消にもつながります。

自分の足で漕ぐのはなかなか辛いものがありますが、目標に設定した距離を走ることができたときの達成感は、ほかではなかなか味わえません。

ヒルクライムレースなどの競技大会もあるので、慣れてきたら大会へ参加することもできます。

⑥釣り

若者からシニアまで、幅広く生涯楽しむことができる釣り。

釣りに関する情報は充実しているため、初心者の方でも始めやすく、また気軽に始められます。

楽しくなってくるにつれ、難しさも生まれる釣り。難しいからこそやりごたえがあり、奥が深いです。

慣れてくると、次はこんな魚が釣りたいなど、目標もできます。

釣り堀から初めて、徐々に海釣りに移行するのがおすすめです。

仲間ができる趣味

①ゴルフ

お金持ちの趣味というイメージのあるゴルフですが、割と周囲でもゴルフが好きという方は多いのではないでしょうか。

競技人口が多いため、知り合いにゴルフ好きな人がいればその人とまずは打ちっぱなしに行ってみるのもあり。

ゴルフボールを遠くに飛ばす爽快感と緊張感が楽しめる、人気のスポーツです。

②ボルダリング

ひとりでも始められて、かつ仲間ができやすいボルダリング。

ボルダリングは競技人口が比較的少なく、また1回や2回程度で満足する人が多いため、常連になるとクライミングジムによってはかなり仲良くなるところもあります。

頑張って登っていると、周りが応援してくれるため緊張感はありますが、達成感も強く感じることができます。

動きやすい服とシューズがあれば始められるボルダリング。シューズはレンタルできるので、服さえあればとりあえずは大丈夫です。

体力がつき、どう登ればゴールまで辿り着けるか頭も使うため、難しいですがハマると楽しい趣味のひとつと言えます。

③楽器演奏

子どものころから憧れていたピアノやバイオリンなどの楽器の練習を、大人になってから始める方が増えてきています。

音楽教室で習うこともできますし、独学で練習できる楽器もあります。

コストは比較的かかりますが、同じ楽器を演奏する方との交流が期待でき、上達したら演奏会などに参加することもできる趣味です。

音を奏でる、演奏することは楽しいもの。初心者にとっては難しい楽器演奏も、音が出れば音階、ワンフレーズ、一小節ずつ・・・と徐々に演奏するようになることで、上達が目に見えてわかる点もおすすめポイントのひとつ。

一曲を演奏できたときの嬉しさと爽快感、大きな達成感がたまらない趣味です。

おわりに

ここではいくつかご紹介しましたが、もちろんこのほかにもいろんな趣味があります。

自分がしてみたいことや興味のあることを極めることで、生活の質の向上が期待できる趣味。

自分が楽しい!と思えることが、1番大事だと思います。

この機会にぜひチャレンジしてみては?

夏本番!気をつけたい「脱水症状」対策

ここ最近雨が続いていましたが、いよいよ夏本番。

うだるような暑さの毎日が続くことが予想されます。

そこで気をつけたいのが、「脱水症状」。

ここでは脱水症状の恐ろしさと、脱水症状にならないための対策を考えていきます。

脱水症状ってなに?

脱水症状とは、体の中の水や体液( 血液・リンパ液・唾液 など)が不足することで起こります。

汗をかくなど体内の水分を失っていく量よりも、体内に補給していく量の方が少ない場合に脱水症が引き起こります。

体が水分を欲しているのになかなか水分補給をしないとなると、めまいや頭痛、さらに悪化すると意識朦朧となり、失神する場合もあります。

なんか血の気が引くな…と思った次の瞬間には倒れてしまうことも。

脱水症状はどうしたら防げる?

暑い場所を避ける

夏場や仕事などで外出することが多い方は難しいかもしれませんが、暑い場所を避けることが大切です。

長時間外に出ることを避けて、家にいるときはエアコンなどをつけて暑さ対策をしてください。

また、外に出る際日焼けなどは気になりますが、できるだけ通気性の良い服の着用をおすすめします。

学生の方は夏の体育に気をつけてください。今はほとんどないと思いますが、「水分補給は甘え」みたいな先生は無視して、暑さでやられてしまう前に休むことも必要です。

こまめな水分&塩分補給

脱水症状にならないためには、とにかくこまめな水分補給が必要です。

何も食べない・飲まない状態で外に出ると、どんどん水分は奪われていきます。

水分だけでなく塩分も補給するとなお良いです。スポーツドリンクは血糖値が上がってしまうため、おすすめなのは経口補水液です。

正直、経口補水液は高いし本当に美味しくないですが、脱水症状はほぼ防ぐことができる優れものです。

塩分が含まれるタブレットなどもあるので、そういったものをこまめに口にするのも予防となります。

アルコールは絶対ダメ!

アルコールでは水分補給になりません。なぜなら利尿効果があるため、体内の水分が出ていってしまいます。なので、アルコールでの水分補給は逆効果です。

おわりに

様々な症状が現れる脱水症状。あの血の気が引いていく感じを経験したことのある方は、その恐ろしさが分かるかと思います。

脱水症状は他人ごとではありません。だれでもなり得るものなので、夏本番となるこれから、しっかり予防して臨みましょう。

【初めてのひとり暮らし】なくてもいいけどあったら便利なもの4選

初めてのひとり暮らしだと、必要な家具・家電類のほかに何があったら便利かわかりませんよね。

ここでは、「なくてもいいけどあったら便利な家電・雑貨」をご紹介していきます。

電気ケトル

カップラーメンを好む方やコーヒーなどを飲む方には必須なものに思えますが、意外と持っている方が少ないケトル。

あまりお湯を使わない方でも、来客があったときや寒い冬にあると便利です。

ケトルがないと、お湯を沸かす際わざわざ鍋を使わなくてはなりません。面倒くさがりな方は持っておいた方が良いかと思います。

ケトルは本当に安いものだと2000円~くらいなので、経済的な負担が小さく、かつ便利なのでお勧めです。

アイロン

アイロンは本当に便利な一品。ひとり暮らしで持っている方の方が少ないのではないでしょうか。

アイロンをかける機会はそうないかもしれませんが、着ようと思っていた服にしわがついていたときなどにアイロンをさっとかけるだけでしわが目立たなくなります。

しわくちゃな服を着るのは少し抵抗ありますよね。かといって洗濯済の服をしわがついているからまた洗濯する…というのも億劫な方には必須だと思います。

アイロンも安いものだと2000円~。折り畳み式で場所を取らないアイロン台も併せて購入しておくと便利です。

つっぱり棒

つっぱり棒は本当に便利!

私はベランダと室内の物干し竿にこのつっぱり棒を使っています。

物干し竿は普通に購入するよりも、100円ショップなどで強度の強そうなつっぱり棒を購入し、物干し竿として使う方が安く済みます。

つっぱれる場所さえあればいいので、何本か持っておいて損はないと思います。

例えばキッチンの下の収納にもつっぱり棒を使い調理器具なんかをかけておくと見やすいですし、収納も楽です。

つっぱり棒を使った収納術は調べるとたくさん出てくるので、自分の部屋の間取りを確認してから調べてみてください。

ファイル

入居する際の資料や、家電の説明書などがかさばって置き場所に困るときにおすすめなファイル。

ファイルは1つ用意し、その中に資料や説明書関係をすべて入れてしまえば、必要になったときにとりあえずファイルの中を探せばある状態になります。

よくどこに置いたか分からなくなってしまう方は、1つは持っておきましょう。

おわりに

ひとり暮らしは、してみないと何が便利か分からないかと思います。

最初にすべて揃えるのではなく、実際に生活してみて、あったら便利そうだなと感じたものを買い足すのでも良いと思います。

便利なものは積極的に使って、QOLの向上を目指しましょう!