映画

西野七瀬が14歳の女の子役に!映画「コルボッコロ」で主演声優に決定

女優の西野七瀬さんが、11月29日(金)に公開されるアニメーション映画「サンタ・カンパニー ~クリスマスの秘密~」と同時上映される「コルボッコロ」で主人公の「鈴」の声を担当することが明らかになりました。

西野さんは、人気アイドルグループ「乃木坂46」の元メンバーで、アイドル時代はエースとして活躍。卒業後は女優として活動し、最近では日本テレビ系で2クールにわたり放送されたドラマ「あなたの番です」で黒幕・黒島沙和役を演じきり話題となりました。

西野さんは、「サンタ・カンパニー」でゲスト声優を務めるお笑い芸人の小籔千豊さんや主題歌を担当した茅原実里さん、糸曽賢志監督と都内で行われた会見に登場。

「コロボッコロ」は、様々な文明や宗教が混在する世界を舞台に、巫女の血を継承する14歳の天真爛漫な少女・鈴が自然の精霊と出会うというストーリー。

乃木坂46のメンバーの頃から少し暗いというイメージが強く、特に初期の頃は小さなことでもすぐ泣いてしまう姿が印象的だった西野さん。お姉さんメンバーになってからは、エースとしてグループを引っ張る一面を見せた西野さんですが、ファンから見るとあまり「天真爛漫」というイメージはないのではないでしょうか。

会見では、「(主人公の)鈴ちゃんはすごく明るくて元気っ子な感じなので…私は逆にそういうタイプではないので、不安の方が今は大きいんですけど」と不安な気持ちを明かした西野さん。

また、現在25歳の西野さんが14歳の女の子の声を演じるという点でも話題に。これから本格的なアフレコに入るとのことですが、西野さんは11歳年下の少女の声をどう演じるのでしょうか。

また、「声優のお仕事はほぼ初めて」と話す西野さん。ネット上では、 「なぁちゃん大出世!」「映画館で観たい」とファンから喜びの声が挙がるなか、「声優業は難しいだろうな」「なぁちゃんが元気な子を演じるのはあんまり想像つかない」などと、どのような仕上がりになるのか心配だというコメントも寄せられました。

グループを卒業し、様々な役柄を通し女優としての幅を広げる西野さん。これまであまり見ることのできなかった、「元気っ子」な西野さんの声に期待が高まっています。

三池崇史監督の最新作「初恋」が2月に日本で上映決定 主演は窪田正孝、ヒロインに小西桜子

「クローズZERO」シリーズや「悪の教典」などで知られる三池崇史監督の最新作「初恋」が2020年2月28日(金)に日本で公開されることが明らかになりました。

三池監督初となるラブストーリーで、主演は窪田正孝さんが務めます。三池監督と窪田さんがタッグを組むのは2008年にテレビ東京系で放送されたドラマ 「ケータイ捜査官7」ぶり。

映画は今年9月27日(金)に全米で公開予定となっており、その後日本で公開されます。

同作品は、余命わずかな天才プロボクサー・葛城レオ(窪田)が、負けるはずのない相手との試合でKO負けを喫したことから人生の歯車が狂ってしまい、アンダーグラウンドの世界で巻き起こる濃密な一晩に身を投じていく様を描いたオリジナル作品。

共演に大森南朋さん、染谷将太さん、小西桜子さん、ベッキーさん、村上淳さん、滝藤賢一さん、塩見三省さん、内野聖陽さんらが迎えられ、その豪華な顔ぶれが話題となりました。

特報映像とともに2種類のポスタービジュアルも発表され、Twitterでは「これはいい窪田正孝」「公開が待ち遠しい」と話題に。

「最期に出会った、最初の恋」というキャッチコピーが記された窪田さんと小西桜子さんのポスターは、2人のラブストーリーを予感させるようなビジュアル。

対してもう一方のポスターは、モノトーン調で渋く、ラブストーリーというよりはアクション映画のような雰囲気を感じさせる仕上がりとなっています。「誰ひとり欠けても、この恋は生まれなかった」というフレーズに心惹かれます。

特報映像では、窪田さんが初めて小西さんと出会う場面や、窪田さんが拳銃を構えるシーンなど、ハラハラするカットが収録されています。特報ではまったく予想のつかない展開が繰り広げられ、公開日が待ち遠しく感じるほど期待が高まります。

また、今作のヒロインを演じる小西桜子さんは、これまで自主映画やwebドラマ、舞台等に出演した経歴はあるものの、知名度はあまり高くなく、「この女の子は誰?」と映画の公開に先駆けて話題となりました。

小西さんは今作のオーディションを紹介され、受けてみたところ合格しヒロイン役に決定したという逸材。応募総数は約3000名とかなり難関でしたが、当時演技経験がほとんどなかったという小西さんはどこか光るところがあって抜擢されたのだと思います。

実力派俳優の窪田さんと、新鋭の若手女優・小西さん、そして日本が世界に誇る三池監督が「初恋」の中でどのようなストーリーを紡ぐのか、今から期待されています。

広瀬すずと吉沢亮の「なつぞら」コンビが再び共演!映画「一度死んでみた」情報解禁

20日、女優の広瀬すずさんが主演を務める映画「一度死んでみた」のタイトルが同名タイトルに正式決定し、またポスタービジュアルや特報映像、公開日が2020年3月20日(金)であるという情報が次々解禁となりました。

同作品は2018年9月、エキストラ募集時に「一度死んでみた(仮)」と仮題をつけていましたが、今回タイトルが「一度死んでみた」で正式に決定したと発表。

また、髪が半分ピンク色という広瀬さんの衝撃的なビジュアルも解禁。これまでのドラマや現在放送されているNHK連続テレビ小説「なつぞら」では、黒い髪が印象的だったこともあり、ファンからは驚きの声が挙がりました。

「一度死んでみた」は、デスメタルバンドでボーカルを担当している女子大生の七瀬(広瀬)が主人公。広瀬さんの父役・計(はかる)を堤真一さんが、計の存在感のない部下・松岡を吉沢亮さんが演じます。

七瀬は父のことが大嫌いな反抗期の「こじらせ女子」。自身のバンドのライブで「一度死んでくれ!」と父への不満をシャウトしていたある日、父が突然死んでしまったとの知らせが入ります。

実は父が「2日間だけ死んじゃう薬」を飲んだためで、父は仮死状態にあるというとんでもない状況。

ですが、2日後には生き返るはずが、計をそのまま亡き者にしようという誰かの陰謀により、生き返る前に火葬されてしまいそうに。大嫌いだった父の絶体絶命のピンチに直面した七瀬は、父の部下の松岡とともに立ち上がることを決意。火葬までのタイムリミットは2日間。果たして七瀬と松岡は無事に父を生き返らせることができるのか?というハートフルSF(死んだ・ふり)コメディです。

今回メガホンを取ったのは、携帯会社・auの「三太郎」シリーズのCMを手がけたCMディレクター浜崎慎治さん。浜崎さんが初めて映画の監督を務めたオリジナル作品となっています。 脚本は、携帯会社・ソフトバンクの「白戸家」シリーズなどで知られる澤本嘉光さんです。

主演の広瀬さんがコメディを 演じるのは初。また、「なつぞら」で共演した吉沢亮さんとの再共演作となっており、これについて広瀬さんは自身のTwitterでコメント。

吉沢さんが「天陽くん」を、広瀬さんが「なつ」を演じ、互いに別の方向に進みながらも2人は繋がっている、という仲の良い幼馴染の設定でした。先日の放送で天陽くんが病気で亡くなり「天陽ロス」が叫ばれていましたが、今回の共演の発表にファンからは喜びの声が寄せられました。

そして特報も発表。特報を観た多くのファンが公式Twitterの投稿に「絶対見に行く」「面白そう!」とコメントを寄せました。

これまで見たことのない広瀬さんの姿に期待が高まります。

実写化不可能と思われた「蜜蜂と遠雷」が映画化!試写会で主演・松岡茉優が特設インスタをアピール

第156回直木三十五賞・第14回本屋大賞をダブルで受賞した恩田陸さんの小説「蜜蜂と遠雷(みつばちとえんらい)」が映画化されます。

同作品は若手ピアニストの登竜門とされる芳ヶ江国際ピアノコンクールを舞台とした青春群像小説で、主演・栄伝亜夜役を松岡茉優さん、高島明石役を松坂桃李さん、マサル・カルロス・レヴィ・アナトール役を森崎ウィンさん、風間塵役を鈴鹿央士さんが演じます。

他にも、臼田あさ美さんやブルゾンちえみさん、福島リラさん、眞島秀和さん、片桐はいりさん、光石研さん、斉藤由貴さん、鹿賀丈史さんら豪華キャストが集結。

累計発行部数が134万部を超える同作品は、読んでいると音楽が流れて聞こえてくるほどの圧巻の読み応え。2016年に刊行され、時が経った今でも多くの読者に愛されている作品です。

「実写化不可能」と言われた「蜜蜂と遠雷」ですが、映画「愚行録」やドラマ「イノセント・デイズ(WOWOW)」、その他数々の短編映画の監督で知られる石川慶さんがメガホンを取り実写化されました。

楽曲を実際に演奏するピアニストの方々も豪華な面々がそろい踏み。河村尚子さん、福間洸太朗さん、金子三勇士さん、藤田真央さんなど日本を代表するピアニストが映画を彩ります。

16日に都内で行われた完成披露試写会では、主演の松岡さん、松坂さん、森崎さん、鈴鹿さん、石川監督が登壇し、映画の見どころや撮影時の様子などを和気あいあいとした空気のなか伝えました。

松岡さんは映画の見どころについて「日本映画離れした映像美。新しい音楽映画ができた自信があります」とコメント。また、「蜜蜂と遠雷の期間限定インスタグラムを開設したんですが、フォロワー数が思わしくないんです」と現在7万人のフォロワーがいると話し、もう一桁ほしいとアピールしました。

8月26日に開設された「蜜蜂と遠雷」のInstagramは、公開日までの期間限定で特設されたアカウント。松岡さん本人が発信し、松岡さんの写真が主に投稿される宣伝用のアカウントです。

これを受けてか、16日には7万人だったフォロワーが現在10万人に増加。17日にアップされた投稿には、ファンから「フォロワー増えたね!」というコメントが並びました。

厳しい局面にぶつかりながらも、コンクールという舞台で闘い抜く新鋭のピアニストたちの葛藤と青春を描いた「蜜蜂と遠雷」。

10月4日(金)ロードショーです。

田中圭が今度は花屋に! 今泉力哉監督とタッグを組んだオリジナル映画「mellow」1月公開

13日、主演に田中圭さん、ヒロインに岡崎紗絵さんを迎え、今泉力哉監督がメガホンを取った映画「mellow(メロウ)」が公開されることが明らかになりました。

2019年に公開された「愛がなんだ」「アイネクライネナハトムジーク」で知られる今泉力哉監督が脚本も務め、完全オリジナル脚本となった同作品。ゆったりとした大人な恋愛映画であることを感じさせる予告映像も解禁されています。

主演に抜擢された田中圭さんは、独身で彼女なし、花が好きで街で1番お洒落な花屋で働く主人公・夏目誠一を演じます。田中さんは今、テレビで見ない日はないくらいドラマに映画に引っ張りだこ。

今年公開された映画は声優での出演作も含めると4本、ドラマは3本、バラエティ番組のレギュラーが1本、主演舞台にCMも多数とかなり忙しそうな田中さん。今月12日には「おっさんずラブ」の続編が今年の秋放送と発表されたので、さらにメディア露出が増えることが予想されます。

対して、ヒロインを務める岡崎紗絵さんは、父親から受け継いだ廃業寸前のラーメン屋を切り盛りする女店主・木帆を演じます。

岡崎さんは2012年、広瀬すずさんらとともにミスセブンティーン2012に選ばれ芸能界デビュー。すらりとした手足に小さい顔が特徴で、現在は女性誌「Ray」の専属モデルとして活動されており、徐々に女優としても活動の幅を広げてきました。

映画「不能犯」では前川夏海役、ドラマ「僕たちがやりました」では三浦由佳役、ドラマ「パーフェクトワールド」では川奈しおり役を務め、映画のヒロインを演じるのは今作が初めての若手女優です。

他主要キャストには、今泉力哉監督の過去作「パンとバスと二度目のハツコイ」に出演した志田彩良さんや山下健二郎さん、現在放送中の「凪のお暇」で白石うらら役で出演している白鳥玉季さんや松木エレナさん、SUMIREさん、ともさかりえさん、小市慢太郎さんなどが発表されました。豪華俳優陣が脇を固めます。

主題歌は並木瑠璃さんの「花になる」。予告では、澄んだ声がストーリーにしっくりと馴染んでいます。

今作の発表にTwitterでは、「圭くんがお花屋さんとか似合う」「絶対毎日お花買いに行く!」など、田中さんの新しい一面が観れることを喜ぶファンの声が挙がっています。

映画「mellow」は2020年1月17日(金)全国ロードショーです。

千葉雄大・白石麻衣出演「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」に続報、追加キャストの発表も

主演を千葉雄大さん、ヒロインを白石麻衣さんが務める映画「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」のポスタービジュアル、追加キャストが発表されました。

同作品は作家の志駕晃さん原作の小説で、2018年には北川景子さん主演で映画化されています。

前作は、田中圭さん演じる誠がタクシーにスマートフォンを忘れ、殺人鬼にそれを拾われてしまったことで、北川さん演じる誠の恋人・麻美の個人情報が抜かれ、結果的に事件に巻き込まれてしまうという現代的な恐怖を感じる仕上がりでした。

続編となる今作は、前作で事件を解決に導いた加賀谷刑事を千葉雄大さんで続投・主演とし、同じく前作で犯人・浦野を演じた成田凌さんも続投となっています。加賀谷の彼女で、事件に巻き込まれていく美乃里を演じるのは、現在乃木坂46のエースとして活躍する白石麻衣さんです。

追加キャストとして発表されたのは総勢13名の豪華俳優陣で、女優陣は今田美桜さんや奈緒さん、江口のりこさん、髙橋ユウさん、谷川りさこさん。

俳優陣は井浦新さん、田中哲司さん、音尾琢真さん、鈴木拡樹さん、ko-daiさん。そしてお笑い芸人のアキラ100%さんやアルコアンドピースの平子祐希さん、ずんの飯尾和樹さんも出演することが明らかになりました。

あわせて発表されたポスタービジュアルには千葉さん、白石さん、成田さん、そして『M』という謎の人物の姿が。この『M』が今作の犯人だと思われます。

また、30秒の特報映像も解禁。白石さん演じる美乃里がバスにスマートフォンを忘れるところから悲劇が始まり、そこからどんどん美乃里の個人情報が奪われていく…という、現代では有り得そうな展開だからこそ恐怖を感じる作品となっています。

前作は特に北川景子さん・成田凌さんの怪演が話題となりましたが、今作はどのような展開が繰り広げられるのでしょうか。

「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」は2020年2月21日から全国ロードショーです。

King&Prince・平野紫耀&橋本環奈が共演する映画「かぐや様は告らせたい」が本日公開!

人気アイドルグループ「King&Prince」の平野紫耀(ひらのしょう)さんが主演を、ヒロインを橋本環奈(はしもとかんな)さんが務めることで話題を集めている映画「かぐや様は告らせたい」が本日9月6日(金)から公開されました。

同作品は、漫画家の赤坂アカ先生原作のマンガで、シリーズ累計発行部数は750万部を突破。2019年にはアニメ化もしており、若い世代を中心に人気を博しています。

物語は将来を期待されたエリートたちが集まる「秀知院学園」を舞台に、平野さん演じる白銀御行と、橋本さん演じる四宮かぐやが相手に「告白させる」ことを目標に「恋愛頭脳戦」を繰り広げる学園ラブコメディです。

今回同作品で主演を務める平野さんは、端正なルックスからは想像がつかないほどの驚異的な天然で、ファンからは「天然記念物」と称されるほど。

アイドルだけでなく俳優としても活動しており、TBS系「花のち晴れ〜花男 Next Season〜」で主要キャスト・神楽木晴役や、映画「ういらぶ。」 で主演の和泉凛役を務めるなど、 圧倒的な主役感を醸し出す華のある存在として一躍有名となりました。

一方ヒロインの四宮かぐやを演じる橋本さんは、言わずと知れた「1000年に1人の逸材」。白い肌に大きな瞳、小柄でどんな表情をしていても可愛い橋本さんは男性だけでなく女性ファンも多く、時折バラエティ番組などで見せる意外にサバサバした性格も魅力のひとつです。

橋本さんも平野さんと同じく、これまで主役級の役柄が多く、映画「セーラー服と機関銃-卒業-」では主演・星泉役、「ハルチカ」でも主演の穂村千夏役を演じました。またコメディ映画「銀魂」ではヒロインの神楽役、日本テレビ系ドラマ「今日から俺は!」では元ヤンキーの女番長を演じるなど、演技の幅が広く様々な役柄で視聴者を魅了しています。

そんな容姿端麗な2人の共演に、ネット上では「2人とも可愛い」「顔面偏差値が高すぎる」「顔面国宝」と称賛の声が寄せられています。

また、2人は映画の宣伝のためにTBS系「モニタリング」に出演し、平野さんは「怪奇現象ドッキリ」のターゲットに。視聴者が驚くほど怖がる平野さんに冷静な対処をする橋本さんの姿に、視聴者からは「環奈ちゃん男前」「もう付き合っちゃえばいいのに!」などの声が挙がりました。

仲の良さが垣間見える2人の出演作「かぐや様は告らせたい」。本日9月6日(金)から全国ロードショーです。

星野源のニュースが盛りだくさん!インスタアカウント開設や主演映画「引っ越し大名!」の公開、ワールドツアーの開催も

俳優、音楽家、文筆家など様々なジャンルで成功を収め人気を集める星野源さん(38)が、自身のオフィシャルホームページや公式SNSなどで多くの情報を解禁しました。

本日8月30日公開の映画「引っ越し大名!」では主演を務め、公開されてまもないですがTwitterでは多くのファンが「映画観てきた!面白かった」とツイート。老若男女問わず楽しめる映画だと話題になっています。

同映画は土橋章宏さんの小説を映画化したもので、脚本を作者の土橋さんが自ら担当しています。犬童一心監督がメガホンを取り、星野さんの脇を高橋一生さん、高畑充希さん、松重豊さんら豪華俳優陣が固めました。

舞台は江戸時代、参勤交代より経済的にも労力的にもはるかに大変だと認識される「国替え」を生涯に7回も命じられた実在する大名・松平直矩をモチーフにした痛快エンタテインメント時代劇となっています。

公開初日から絶賛の声が相次ぐ同映画。そんな中、星野さんがワールドツアーを開催すると公式に発表がありました。

星野さんがワールドツアーを行うのは自身初で、ツアータイトルは「 Gen Hoshino POP VIRUS World Tour」。

中国の上海を皮切りに、アメリカ・ニューヨーク、日本・神奈川県、台湾・台北と全4都市5公演の開催となっています。

上海:2019年11月23日(土)  

開催場所:National Exhibition & Convention Center Hong Arena

ニューヨーク:2019年11月25日(月)

開催場所:Sony Hall

神奈川県:2019年12月9日(月)、10日(火)

開催場所:横浜アリーナ

台北:2019年12月14日(土)

開催場所:Legacy MAX

神奈川では2days開催される予定で、ファンは「チケット絶対取る!」「初めて台湾まで足を伸ばしてみようかな」など日本以外の公演の参加に意欲的な声が挙がっています。

また本日30日、星野さんが公式Instagramを開設。

View this post on Instagram

星野源です。 今日から色んなことを始めます。 僕の好きな人達や、まだ会ったことのない誰かと、 出会い、そして繋がり、楽しむために。 今までやっていなかったことを、 今まで知らなかったことを、 ずっとやりたかったことを、 好きなことを、やっていきたいと思います。  出会いは未来だと思います。 夕方ふらっと散歩に行くように、 気軽に、色んな場所で、 音楽や、芝居や、言葉や、写真や、何かで、 未来を作り、繋がりたい。 どんな遠い世界も近所だと思います。 始まります。    – –   Gen Hoshino here. I'm going to start a lot of things starting from today. In order to meet, connect with, and have fun with the people I love and people I haven't met yet. I want to do things I've never done before, things I've never known about before, things I've always wanted to do, and things that I already love to do.  Meeting all kinds of people, new and old, IS the future. Just like aimlessly going out for a stroll in the evening, I want to go to many different places with not a care in the world and through my music, acting, words, pictures, and so forth, help shape the future and connect people. So that even distant worlds feel just like home. Everything starts today.  #星野源 #genhoshino

A post shared by Gén Hoshino 星野源 (@iamgenhoshino) on

すでに4投稿と、自身のワールドツアーなどのニュースをストーリーに配信しており、現時点でフォロワーは20万人越え。多くのファンが待ち望んでいたといえます。

また、同じく30日に星野さんの楽曲のストリーミング配信が開始。ストリーミング配信とは、1曲1曲を購入するのではなく定額制で全楽曲を楽しめるという、いわゆるサブスクリプションサービスで、Apple MusicやSpotifyなどで配信がスタートしました。

これに対してもネット上では、「情報量多すぎてついていけない幸せ」「CD全部持ってるけどサブスクはありがたい」など、Twitterでは多くの喜びの声が挙がっています。

ファンにとってはかなり嬉しい情報が多く発表された30日。ワールドツアーは開催日が近く、また日本が2公演のみのため、今からチケットの争奪戦が繰り広げられることが予想されています。

多部未華子と三浦春馬が3度目の共演 映画「アイネクライネナハトムジーク」で3度目の恋人役

女優の多部未華子(たべみかこ)さんと俳優の三浦春馬(みうらはるま)さんが、2010年公開の映画「君に届け」、2014年に放送されたドラマ「僕のいた時間(フジテレビ)」に続き2019年9月20日に公開される映画「アイネクライネナハトムジーク」で3度目の共演を果たしました。

「アイネクライネナハトムジーク」は伊坂幸太郎さんの6作品から構成される連作短編小説。2015年の本屋大賞にノミネートされ、第9位になった人気小説です。

人生の何気ない場面や出会いが転機となって自分や相手の人生が大きく左右・変化するということを作品を通じて改めて知ることができる、たくさんの伏線が散りばめられたエンタテイメント小説です。

同作品でメガホンを取ったのは、2019年に公開された映画「愛がなんだ」の今泉力哉(いまいずみりきや)監督。また、主題歌と劇中の音楽を斉藤和義(さいとうかずよし)さんが担当します。

27歳の主人公・佐藤を演じるのは三浦春馬さん、佐藤の交際相手・紗季を多部未華子さんが演じます。

2人はこれが3度目の共演となり、3度目のカップル役。

2010年に公開された「君に届け」では主人公・黒沼爽子を多部さんが、風早翔太を務めました。2人とも高校生役で、多部さんは当時21歳、三浦さんは20歳。少女漫画「君に届け」の世界観がリアルに表現されていると当時大きな話題となりました。

また、2014年に放送されたフジテレビ系のドラマ「僕のいた時間」では難病・筋萎縮性側索硬化症(ALS)を患い苦しむ青年・澤田拓人を三浦さん、拓人の同級生で恋人の本郷恵を多部さんが演じ、それが2度目の共演となりました。

そして2019年、「アイネクライネナハトムジーク」でまたも恋人役として再共演を果たした2人は、21日に東京都内で行われた完成披露舞台挨拶にて、毎回4年に1度共演をしていることについて「オリンピックみたいな関係」と表現。

また、今回行われた舞台挨拶の場所が、9年前に公開された映画「君に届け」の舞台挨拶の場所と同じだったことから、三浦さんは「運命かな」と話しましたが、多部さんは「全然記憶にないですね」とバッサリ。ですが続けて、「(劇中で)10年付き合ったカップルという設定だったので、安心感はあって。共演してきたことは無駄じゃなかったんだなと思う瞬間がいっぱいあってすごく嬉しかったですし、次はまた4年後に何かご一緒できたら嬉しいなと思います」と4年後の再共演を望みました。

映画「アイネクライネナハトムジーク」は、9月20日全国ロードショーです。

「屍人荘の殺人」予告映像が公開!追加キャスト&新ビジュアルも発表

今村昌弘さん原作で数々の賞を受賞した「屍人荘の殺人(しじんそうのさつじん)」が12月13日(金)に全国で公開されます。

主役の葉村譲を演じるのは、子役時代から俳優として第一線で活躍し続ける神木隆之介(かみきりゅうのすけ)さん。謎の女子大生探偵・剣崎比留子を浜辺美波(はまべみなみ)さん、葉村と行動を共にする明智恭介を中村倫也(なかむらともや)さんが演じます。

舞台は湖畔のペンション「紫湛荘(しじんそう)」。神紅大学のミステリー愛好会に所属するミステリー小説好きの万年助手・葉村と愛好会の会長・明智は「ワトソン」「ホームズ」と自称していますが、葉村は学内で起こった些細な事件に首を突っ込む明智に振り回される日々を送っていました。

そんな中、謎の美少女探偵・剣崎が現れ、同じ大学に存在するロックフェス研究会に関する妙な噂を知ることになります。謎の脅迫状が部員宛に届いたこと、また去年行われた合宿中に1人の女子部員が行方不明になってしまったことを聞き、2人は剣崎とともに合宿に参加することに。

向かった先はペンション「紫湛荘」。ですがそこには曲者ぞろいの部員たち、何かおかしいペンション、そして3人は異常事態に巻き込まれ翌日には1人の惨殺死体が──というクローズドサークルなミステリーエンタテイメント。

本作品は今村昌弘さんのデビュー作で、「このミステリーがすごい!(2018)」、「週刊文春2017ミステリーベスト10」、「2018本格ミステリ・ベスト10」でそれぞれ1位を獲得、また「第18回本格ミステリ大賞」で受賞するなど国内主要ミステリー賞を4冠達成したことで話題となりました。

前代未聞で前衛的なトリックで読者を魅了し、これが本当にデビュー作であるのか疑いたくなるほどの出来栄えは圧巻の読み応えを感じさせます。

そんな「屍人荘の殺人」の追加キャストが21日、発表されました。

予告では追加キャストひとりひとりにキャッチフレーズがついており、「わがまま御曹司・七宮兼光」を柄本時生さん、「超絶チャラ男・立浪波流也」を古川雄輝さん、「関西のおっちゃん・出目飛雄」を塚地武雅さん、「クレーマーおばちゃん・高木凛」をふせえりさん、「執事中の執事・菅野唯人」を池田鉄洋さんと実力派俳優がそろい踏み。

また、「先輩のパシリ・進藤歩」を葉山奨之さん、「ホラー映画マニア・重元充」を矢本悠馬さん、「ヒステリック女・名張純江」を佐久間由衣さん、「スマホを落としただけ女・静原美冬」を山田杏奈さん、「ゴマすり女・下松孝子」を大関れいかさん、「場違い小娘・星川麗花」を福本莉子さんと今注目されている若手俳優陣が勢ぞろいし、主要キャスト3人の脇を固めます。

謎に包まれたペンションで巻き起こる前代未聞の大事件。個人的には読了後「実写化不可能」と思いましたが、どのような展開が待ち受けているのか、今から楽しみです。