コスメ

メイク・ファッションを秋仕様にチェンジしたい!秋らしい「こなれ感」の取り入れ方

もうすぐ9月。まだまだ暑い日が続きますが、ショップでは秋服が目立ってきたように感じます。秋はメイクも服も可愛く、多くの女性が心躍る季節ではないでしょうか。

まだ夏だけど秋を取り入れたい!でも長袖は暑いし…という方にお勧めしたい、涼しげな秋のワンポイントテクニックをご紹介していきます。

ポイントメイクを夏→秋にチェンジ

夏のアイメイクは、涼しげなオレンジや少し難易度の高いブルー、ざくざくラメのシャドウが可愛く映えますが、アイメイクのキラキラを抑え少しマットにすることで一気に秋感が出ます。

シャドウの色もブラウンやこの秋注目のグレー、ボルドーを選ぶだけで一気に秋顔に。特にグレーのアイシャドウは、可愛らしさよりもハンサムでクールな印象になるため、「可愛い」よりも「かっこいい」を目指す女性におすすめ。

また、ブラックのマスカラからブラウンやピンクブラウンに変えるだけで、目元が優しく柔らかい印象になります。

アイラインもブラックからくすみピンクに変えてみたり、下まぶたにピンクブラウンのラインやシャドウを入れると、華やかだけど秋っぽく、お洒落な目元に。

マットなブラウンやくすんだ色味、グレーなど夏には大人しく感じる色味が、秋には一気に「今っぽい顔」に変えてくれます。

チーク・リップに「くすみ」感を取り入れるのもテクニックのひとつ。オレンジやピンクは春・夏を感じさせますが、ブラウンのものやワインレッドにチェンジするとこなれた印象に。

ブラウンチークやリップは、普段顔に取り入れない色味だとハードルが高く感じがち。ですが、案外肌の色になじんだり顔に奥行きを持たせてくれたりと万能な色味なので、この秋に挑戦してみるのもアリかもしれません。

また、秋はチークをあえてのせないのもおすすめ。目元にブラウン、リップに濃いめのブラウンやボルドーを選び、肌はあえて素肌感を残すとヘルシーで色がごちゃつかず、シンプルにかっこよく、色っぽい顔に。

アイメイク、チーク、リップは一気に変えなくてもワンポイントだけ秋にチェンジするだけで秋を先取りできます。

オレンジチークに濃いボルドーリップ、だと色が喧嘩してしまいますが、普段の夏メイクはそのままにアイラインやマスカラだけブラウンにチェンジしたり、ラメやツヤを少しだけ抑えた目元・肌にするなど、少しずつ移行することで長く夏・秋メイクを楽しめます。

通勤服の一部を秋色にチェンジ!

多くの働く女性が毎朝悩む、「オフィスカジュアル」。夏は涼しげなカラーや素材を選びますが、夜が少し肌寒くなってきたこの時期におすすめなのはどこかひとつを秋色に変えること。

例えば、トップスかボトムスどちらかにブラウン、カーキ、テラコッタなどの色味やアースカラーを持ってくることで、一気に秋らしさがでます。

素材もシースルーや通気性のよいものから、少し重ための質感、光沢があるものなどをチョイスするとこなれ感が出て大人なコーディネートに。

まだ暑いから夏服が着たいという方には、靴だけ秋にチェンジするのがおすすめ。サンダルやオープントゥの靴を重ためな黒のローファーにすると、夏コーデでも秋を取り入れることができます。

また、面積の小さい通勤鞄を派手な色味から落ち着いた色味のものや革などの素材にしたり、この秋のトレンドといわれるパイソン柄(ヘビ柄)の鞄を取り入れると一気に秋感が増すコーディネートになります。

半袖を七分袖や長袖にチェンジするのもアリ。半袖やノースリーブに秋色のカーディガンを羽織るのも、夏らしさがありつつも秋感がでておすすめです。

おわりに

個人的に1番過ごしやすく、またファッションやメイクを無限に楽しむことができると感じる季節・秋。

甘めなメイクでもコーディネート次第ではかっこよくなったり、クールなメイクでもどこか柔らかく見えたりと、秋を感じさせる色には多くの魅力が秘められています。

暑さを忘れる秋色をチョイスして、一足先に秋を楽しんじゃいましょう!

プチプラだから色々試せる!「キャンメイク」のすすめ

メイクはしたことがないからなにを使ったら良いのかわからない、コスメは高いからメイクがどうしてもワンパターンになってしまう…。

そういった悩みを抱える女性は多いのではないでしょうか。

今はドラッグストアに多くのコスメが売っていますが、プチプラで高性能なコスメって実は少ないですよね。

そんな時におすすめなのが「CANMAKE(キャンメイク)」!

中高生からOLさんまで、様々な世代の方がキャンメイクのコスメを1つは持っているのではないでしょうか。

ここではおすすめのキャンメイクの商品をご紹介していきます。

マシュマロフィニッシュパウダー/¥1,015(税込)

言わずと知れた「マシュマロフィニッシュパウダー」。

Twitterなどで口コミが拡散され、話題となった商品です。

ベースメイクの仕上げや化粧直し用にも使えるフェイスパウダーで、カバー力が非常に強く色ムラや肌荒れ・毛穴を綺麗に隠してくれる優れもの。

プレストパウダーだから持ち運びもでき、ミラー・パフもついています。

個人的には付属のパフよりもブラシなどの方が綺麗に肌にのりますが、パフでもしっかり綺麗に見せてくれます。

マットな仕上がりで、お化粧が崩れた際はそんなに汚く落ちませんが、「乾燥肌でパウダーをのせると肌がかさついてしまう」という方には不向きかもしれません。

ただ、サラサラ・マットでお人形さんのような肌に憧れている方にはおすすめの商品です。トーンアップ効果もあるので、白くなりすぎない程度にのせましょう。

リーズナブルなうえリフィルもあるので、リピートする方は多いのではないでしょうか。

パウダーチークス/¥594(税込)

「キャンメイク・パウダーチークス」シリーズは、見るだけできゅんとくるような可愛い色ばかり。

普段使いできるコーラルピンク系に加え、ローズレッド、シュガーオレンジ、スミレパープルやミモザイエローなど名前からして可愛いカラーがそろっています。

その中でも特に人気の色が「シアーピーチ」。肌にのせるとぱっと桜が咲いたような色づきに仕上がり、少女漫画のヒロインのような頬になれるのでおすすめ。

パウダーがなめらかでしっとりとした質感なので、つけ心地が良いのも魅力のひとつ。

様々なカラーバリエーションでこのお値段なので、普段は挑戦しないような色味を選んでみるのもありだと思います。

パーフェクトスタイリストアイズ/¥842

「パーフェクトスタイリストアイズ」という名の通り、これ1つでアイメイクが完成してしまうほど色味が豊富。

しっとりとした質感のシャドウで、アイホールに一度塗るだけでしっかりと発色します。また真ん中に配置されているラメはひと塗りで透明感が増し、きらきらとしたお人形さんのような瞳に変身します。

カラーバリエーションも豊富で、季節ごとに新商品が出るのもポイント。以前は、夏はオレンジやぱきっとしたブルー、秋はオリーブ、ボルドー、テラコッタなどの流行色が発売されていました。

ひとつ持っておくだけで、仕事の日は1色だけ使って薄めに、遊ぶときは全色使いでちょっと濃いめに…とコントロールできるのでおすすめです。

ジュエリーシャドウベール/¥648

ざくざくラメが大好きな方にはたまらない商品。

2種類のラメが1つになっており、左側は小粒のラメ、右側は大粒のラメになっています。

色味が薄いので持っているシャドウのうえに指でぽんぽんと置くだけで理想のきらきらのまぶたになります。

また、小粒と大粒のラメを合わせてのせるのもきらきら感が増しとても可愛いので、デートの時におすすめです。

また、アイホールだけでなく、涙袋にのせてもぷっくりと見えとても可愛い仕上がりに。

カラーレスメイクの際にアイホールにラメだけのせるのもおしゃれで透明感が上がり、ラメが輝くだけで仕上がりに大きな差が出ます。

仕事の際は小さめのラメで、お休みの時やデートの時は大粒のラメをセレクトするのがおすすめです。

おわりに

キャンメイクの「本当に良い」商品をおすすめしてきました。

どれも安いうえに高クオリティの商品で、売り場に行くたびに何を買おうか迷ってしまうキャンメイク。

メイク初心者の方やコスメ代を抑えたい方、様々なメイクに挑戦してみたい方におすすめの良ブランドです。

SNSで話題になった、いまや欠かせないコスメ4選

たくさんのコスメの中からお気に入りの1品を引き当てたときの喜びは大きいもの。なかなか自分に合うコスメに出会えないからこそ、出会えた時は嬉しいですよね。

新しいコスメの購入時に売り場で悩んだときは、SNSの情報に頼るのもおすすめ!

ここではSNSで過去に「バスった」コスメをご紹介していきます。

二重も涙袋も自由自在!KATE ダブルラインフェイカー

極薄ブラウンのラインが引けるダブルラインフェイカー。

色がかなり薄いのですが、その薄さが二重ラインを描いたり涙袋を作るのにぴったりなのです。

SNSでは「二重幅を広くできる」「涙袋がしっかり浮き出て見える」と話題になり、一時欠品状態になったことがあるほどの人気商品。

ラインを引くのと引かないのでは大きな差が出るということが分かるほど、仕上がりに差が出ます。

目がぱっちり見えるのでおすすめです!

ギャップのある可愛い色味 クリニーク チークポップ17

ぱっと見パープル。なかなかここまでパープルなチークはないのですが、頬にのせると意外と自然な色味で可愛く、特にブルーベースの方向きです。

SNSではそのギャップにやられた女性の口コミで話題に!見た目もまさにガーベラで、見ているだけで気持ちが上がる可愛さ。

一時期ブレイクしたカラーですが、今でも人気の商品です。

つけてみるとクリームのような質感で、しっとりと頬にのります。重ね付けすると頬がぱっと華やかになりますが、そこまで濃く見えません。

色持ちもよく、カラーバリエーションも豊富でおすすめ!

ちらちらラメが可愛いブルーグロス RMK リップジェリー03

こちらも一時期話題となったグロス。

ブルーグロスはこれまでなかったのでSNSで話題に。どんな色になるのか塗ってみるまで分からない怖さがあるかもしれませんが、実際に唇にのせてみるとクリアでラメが輝く唇に。

ピンクリップを塗ってからグロスをのせると夏らしく可愛い厚みのある唇に変身。

2200円と値段も安く、お求めやすいところも魅力。

夏らしさを取り入れるならこちらがおすすめです。

血色のよい唇に!オペラ リップティントN

言わずと知れたオペラのリップティント。

するすると塗れて、花が咲いたように鮮やかに色づきます。

個人差はありますが、唇が荒れることもなく皮むけも少ないです。

ティントなので落ちにくく、TPOも選ばないカラーバリエーションなので、オフィスでも使えます。

インスタでのおすすめ率も高く、「落ちにくい」「カラバリ豊富な」「塗りやすく可愛い」リップをお探しであればぜひおすすめしたい一品です。

おわりに

SNSでは常に新しいコスメの情報が行きかっていますが、新商品じゃなくても今でもおすすめされているコスメは「本当にいいコスメ」なのだと思います。

ここでご紹介したコスメは「一軍」なり得るコスメばかり。

いつものメイクに飽きを感じてきたら、新しいコスメを迎えてみてはいかがでしょうか。

すっぴん風だけど可愛い、夏の涼し気メイクテク

夏本番。夏を楽しみたいのに汗でメイクが落ちてしまう…と悩む方は多いのではないでしょうか。

野外でも屋内でも、ナチュラルに可愛い自分でいるためのメイクテクニックをご紹介していきます。

落ちないマスカラで綺麗をキープ!

ウォータープルーフのマスカラなら水や汗に強いので、夏のアウトドアにうってつけ。

カールを強めたいなら、ホットビューラーでまつ毛をしっかりあげたあと、根元から毛先に向かって2度塗りするのがおすすめ。

マスカラは肌の油分が多いと落ちてしまいパンダになることが多いので、肌はしっかりパウダーでコーティングしましょう。

また、ウォータープルーフでもパンダになってしまう…という方は、まつ毛エクステをおすすめします。

カールの強さ、太さ、ナチュラルな目元かボリューミーな目元かなど、選べてモチも良いまつ毛エクステ。

安いところだと3000円~10000円ほど。3週間~1か月はもつので、マスカラが面倒くさい、ウォータープルーフでも落ちてしまうというお悩みがある方は断然まつ毛エクステが良いと思います。

すっぴん風の自然な仕上がりを目指すなら、ナチュラルと注文しましょう。

ブラウンのアイラインでナチュラルくっきりした目元に!

目元の印象をがらっと変えるアイライン。引くのと引かないのでは仕上がりに歴然の差が生まれます。

またカラーもブラウンやピンクブラウンを選ぶことで、自然でナチュラルな目元に。

まつ毛とまつ毛の間の隙間を埋めるように細くラインを引いていくことで、ぱっちりとした印象に仕上がります。

目のラインに沿って引くとがっつりきりっとした目元に。盛りたい時は目のラインに沿って引き、目尻を気持ち跳ね上げると一気にきりっと今っぽくなります。

さりげなくカラコン!

顔の印象を変えるカラーコンタクトは、使わないと損!というほど頼れる存在。

つけたことがない方は少し抵抗感があるかもしれませんが、フチの濃いものを選ばなければ自然に印象を変えることができるのでおすすめ。

違和感なくふんわりとした瞳にするのであれば、ブラックよりもブラウン系やオリーブ系を選ぶと自然に可愛く見えます。

今では度入りのカラコンも多くあるので、眼鏡からチェンジしてみるだけでがらっと可愛くなれるかも。

落としたくないならティント!

すぐに落ちてしまいやすい眉やリップはティントにすると綺麗がずっと続きます。

眉ティントは1週間程度落ちないものもあるので、眉が薄い、すぐ落ちてしまうという方は眉ティントを仕込んでおくことで、荷物も減り時短にもなります。

ティントリップは高発色で食べても飲んでもプールでも落ちにくいので、ずっと可愛い唇に。

唇に色がないだけで、顔の印象はどんより曇って見えてしまいがち。

ずっとみずみずしい艶を保てるティントリップは、メイク直しができないときは特に1本でも持っておくだけで重宝します。

おわりに

外で遊ぶ機会が増える夏。汗に水に、メイクの大敵が多い夏ですが、様々なテクニックを駆使して「涼しげ可愛い」自分で夏を楽しみましょう!

ちょっとしたワンポイントで垢抜ける!メイクテクニック3選

どうしてもワンパターンになりやすいメイク。

いつものメイクにちょっとポイントを加えるだけで、ぐっと垢抜けることができます。

ここではいつものメイクに付け加えたいワンポイントをご紹介していきます。

目尻に差し色で赤をいれる!

アイドルや女優さんもやっていると噂のテクニック。

画像は元アイドルで女優の西野七瀬さん。若干目尻に赤が入っていますよね。

このように、目尻に赤をいれるだけでうるうるとした女の子らしい瞳に近づきます。

赤に抵抗のある方は、バーガンディのアイラインでちょこっと引くのもありです。バーガンディというのは、ワインレッドに近い少しくすんだ赤のこと。

わかりやすくいれるよりも、ちょっと引くくらいがさりげなくておすすめです。

私は目尻に赤を入れないとメイクが完成しない!というくらいこのテクニックに頼っています。

キャンメイクなどもよく赤めのアイシャドウを展開しているので、お買い求めやすいかと思います。

眉に若干ピンクを!それだけで垢抜け眉に

こちらは特に髪色が明るい方や赤みの強い髪色の方におすすめのテクニック。

暗い髪色の方は、眉を少しだけ明るくするとそれだけで垢抜けて見えます。明るすぎない眉マスカラなどで染めましょう。

眉マスカラで染めた後、ピンク系のアイシャドウや色が濃い目のチークなどを眉にちょっとずつ塗っていくと、若干明るめの眉が出来上がります。

ピンクは血色を良く見せる色。眉に若干ピンクが入っていることで、肌に溶け込み柔らかな印象に見せてくれます。

ピンク!と違和感を感じるくらい入れるのはNG。

眉は顔の額縁ともいわれる重要なパーツです。ピンクを取り入れることでかなり印象が変わるので、ぜひ試してみてください。

ハイライトは積極的に使う!

ハイライトを入れる場所により、顔の印象は変わってきます。

ここでおすすめしたいのは、目頭の横にすっとゴールド系のラメを入れること。鼻根のところです。

ここにハイライトを入れるだけで、顔に立体感や奥行きが生まれます。

ハイライトを入れるときは、指ですっと引くのがおすすめです。

また、チークのあとに頬の1番高いところにもハイライトを入れると、ライトが当たったときに艶のある肌に見せてくれます。

頬の高い位置に艶がでるので、若々しく綺麗な肌に見えるのです。

ハイライトは使い方によって顔の印象を大きく左右します。

うまく使うことができると、一気に垢抜けてみえること間違いなし。

おわりに

3つのちょっとしたメイクテクニックをご紹介してきましたが、いかがでしたか?

この3つをいつものメイクに取り入れるだけで、いつもとは違った印象の顔に仕上がるかと思います。

テクニックを駆使して、自分のなりたい顔に近づきましょう!

【有能ツール】化粧下地で仕上がりは変わる!

「何の意味があるんだろう?」「つけなくても仕上がりは一緒じゃない?」

いまいち大切さが伝わらない「化粧下地」。

下地はメイクの仕上がりを大きく変えるため、むしろ使わないと損!

化粧下地を使うメリットを知れば、意識は大きく変わるはず。

ここでは化粧下地を使うメリットに加え、種類の多い下地の色味についてご説明していきます。

化粧下地を使うメリットって?

化粧下地は毛穴や肌の悩みをカバーしてメイクのもちをよくする効果があります。

また肌色をコントロールしてくれるため、ファンデーションを厚く塗らずとも綺麗な素肌感が叶います。ファンデーションの発色もよくなります。

下地の選び方を間違えなければ、くすみや肌の赤み、クマやシミも透けにくくなるうえに、乾燥や紫外線から肌を守る効果もあるという有能ツールです。

化粧下地の選び方

化粧下地を選ぶときは、「仕上がりの肌の質感」と「色味」にスポットを当てて選ぶとより自分の好みの肌に近づくことができます。

たとえば、乾燥気味だからみずみずしい肌になりたい…という方であれば、モイスチャー系の下地がおすすめ。

モイスチャー系の下地は、肌に艶と潤いを与えてくれるみずみずしい質感です。

さらっとマットな仕上がりを好む方はスムース系を使ってみてください。スムース系下地はフラットで凹凸を感じさせない肌に導いてくれます。

コントロールカラーの選び方

化粧下地で肌色の色補正が叶うのですが、肌に合わない色を使ってしまうと逆にくすんで見えてしまうことも。色ムラを抑えることで綺麗で均一な肌をつくります。

ピンク下地

淡いピンク下地は肌を血色よく見せてくれます。健康的に見えるため、肌がくすんで見えてしまう方はピンク下地に変えてみると印象が変わります。また、肌が柔らかく見える効果も。

イエロー下地

イエローはくすみを抑えて肌を明るく見せる効果があります。にごりや色沈みを明るくカバーしてくれます。多少の赤みも抑えてくれるため、均一な肌色に整います。

グリーン下地

グリーンは肌の赤みを相殺してくれます。全体に使うというよりかは、赤みが気になる部分にだけポイント使いすると効果的。

オレンジ下地

目の下の茶グマなどをしっかり隠したい!という方はオレンジを選んでみてください。肌の影となる色をカバーしてくれるため、くすみ感が強い方におすすめ。

ブルー・パープル下地

肌に透明感がほしいという方におすすめなのはブルー・パープル系の下地。肌色に自然に澄んだ透明感をまとわせてくれます。黄みを抑えてくれる効果も。

色の種類が多すぎてどの色にどんな効果があるのか分からない、と悩む方は多いのではないでしょうか。

肌の悩みをナチュラルにカバーしてくれる化粧下地。自分に合った化粧下地を選ぶことで、仕上がりが大きく変わってきます。

メイクの仕上がりの向上を目指して、色んな下地を試してみてはいかがでしょうか。

【コンシーラー難民に贈る!】自分に合った1品に出会おう

コンシーラー難民を続けて早数年。

なかなかこれ!という1品に出会うのが難しいコンシーラー。

肌荒れやそばかすが隠れない、隠れても色が濃すぎる、荒れてしまう…など、コンシーラーで悩む方は多いのではないでしょうか。

そんなコンシーラー難民の方を救うべく、ここではお勧めのコンシーラーを紹介していきたいと思います。

キスミーフェルム ハイカバーコンシーラー/600円(税抜)

とても安いですがハイカバーとあるようにカバー力がすごいです。

色も日本人の肌に馴染むナチュラルな肌色で、そばかす・にきびをしっかりと隠してくれます。

私はもう3年ほどリピートしていますが、安くて潤いを保ちつつカバーしてくれるため、今ではなくてはならない1軍コスメです。

キスミーフェルムは特別有名なブランドではありませんが、コスメを多く扱っているドラッグストアであればたいてい売っているかと思います。

@コスメでも評価が高く、幅広い世代の方から支持されている1品。

騙されたと思ってぜひ使ってみてください。

イブサンローラン ラディアントタッチ/5000円(税抜)

こちらは、かの有名なイブサンローランから発売されているコンシーラー。

値段がお高く、リピートするにはなかなか抵抗があるお値段ですが、やはり高いだけあって綺麗にカバーしてくれます。

また、コンシーラーには珍しいノック式なのもポイント。メイク中にちょうどいい量をノックして出すことができます。

肌荒れだけでなく目の下のクマもしっかりと隠れるうえ、「厚く塗っている感」が出にくい1品。

気になる方は、まずデパートでタッチアップしてもらうことをお勧めします。

資生堂 スパッツカバーファウンデイション/1296円(税込)

こちらもカバー力がすごく、しかも安いのでリピートしやすい1品。

一時期人気がありすぎて、どこのドラッグストアに行っても売り切れという状態が続いていた大人気のコンシーラーでした。

肌荒れだけでなく、怪我をしたところにぽんぽんとのせるだけであざや傷跡が消えると話題になりました。

「化粧品の力でメイクのQOLを上げたい」と資生堂の方は語っています。強力なカバー力で自信を与えてくれるコンシーラー。

ただ、中にはカバー力があってもだんだん崩れてきてしまうという方もいらっしゃいますので、使用感には個人差があると言えます。

自分の肌にあった1品に出会うために

自分に合ったコンシーラーを見つけるには、運が良ければ1発で見つかりますがなかなかそうはいかないもの。

数あるコンシーラーをひとつひとつ試してみたり、評判をチェックしたりと時間・お金がかかってしまうかと思います。

それでも自分の肌に合うコンシーラーと出会うことができれば、メイクの楽しさも肌の質感も大きく変わってきます。

コンシーラーに悩む方、新しいコンシーラーと出会いたい方はぜひ試してみてください。