アイドル

でんぱ組.inc古川未鈴が「斉木楠雄のΨ難」作者・麻生周一との結婚を発表 でんぱ組のライブで

人気アイドルグループ「でんぱ組.inc」のメンバー・古川未鈴(ふるかわみりん)さん(年齢非公開)が、18日にZepp DiverCity(TOKYO)にて行われた同グループのライブの中で、漫画家の麻生周一さん(33)と結婚したことを発表しました。

また、終演後2人はそれぞれ自身のTwitterを更新。

「みりんちゃん」の愛称で親しまれている古川さんは同グループのセンターを務めるメンバーで、2008年に「でんぱ組」を結成した当初から現在までグループを支えてきました。

また、アイドルでありながらゲーマーでもあり、キャッチフレーズは「歌って踊れるゲーマーアイドル」 。好きなことが仕事にも繋がっており、ゲーム実況のネット配信番組のMCを務めるなどマルチに活躍されています。

また、今回のライブでグループの卒業・引退はまだないと発表した古川さん。結婚を発表しながらもアイドルとしての活動を継続する前代未聞の意向に、喜ぶファンだけでなく現実をなかなか受け入れられないファンの声も。

お相手の麻生周一さんは、人気少年マンガ「斉木楠雄のΨ難」などで知られる漫画家で、もともと「でんぱ組.inc」のファンクラブに入会していたり、以前からグループのファンであることを公言。

独特な世界観で展開される「斉木楠雄のΨ難」は、少年漫画の金字塔・週刊少年ジャンプにて2012年から2018年まで連載されたギャグマンガ。人気声優・神谷浩史さんや小野大輔さん、島崎信長さんらが声を担当しアニメ化を果たし、また2017年には俳優・山﨑賢人さん主演で映画化されるなど人気を確立しました。

そんな2人の結婚発表に多くのファンが驚きの声を挙げ、ライブ終演後、Twitterでは「古川未鈴」「みりんちゃん」「麻生周一」がトレンド入り。また、今回の発表まで交際や結婚を匂わせるようなことやスキャンダルなどの報道が一切なかったことから、「本物のアイドル」とも称された古川さん。

古川さんは本日19日が誕生日。年齢非公開のため何歳になったのかは定かではありませんが、誕生日前日に大きなサプライズをファンに贈りました。

スキャンダル報道のあった欅坂46・織田奈那が東京ドーム公演欠席、直前の発表にファンからは困惑と怒りの声が

人気アイドルグループ欅坂46は17日、明日18日・19日に東京ドームで行われる「欅坂46 夏の全国アリーナツアー2019<追加公演>」の開催に際して、先日男性と手をつなぎ歩いている様子をスクープされたメンバーの織田奈那さんの公演欠席を発表しました。

欅坂46の公式サイトは先ほど、以下の文面を発表(原文ママ)。

「欅坂46のメンバー織田奈那の東京ドーム公演は欠席とさせて頂きます。

楽しみにして下さっているファンの皆様には、ご心配とご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

Seed & Flower 合同会社」

今月7日、織田さんが服飾専門学校に通う男性と交際をしていることや、手つなぎデートをしている様子などが「週刊文春デジタル」の取材で明らかになっていました。

東京ドーム公演を欠席することとスキャンダル報道の因果関係は明らかになっていませんが、報道があったことを受け、運営側は欠席させるという判断を下したと考えられます。

欠席の発表が公演前日のこのタイミングであるということに対し、ファンからは困惑と怒りの声が挙がっています。

欅坂46は、当選したものの当日都合によりライブへ行けなくなってしまったファンへの救済措置として、またチケットの不正取引を防ぐため公式にチケットトレード制度が設けられていますが、SNSでは「もう少し早い発表であればトレードを考えた」というファンの声が多く挙がりました。

また、スキャンダル報道があったあとも織田さんを推すファンは多く、東京ドーム公演で久しぶりに織田さんの姿を見ることができると思っていたファンにとっては辛い発表となりました。

Twitterでは現在、「織田奈那」がトレンド入り。今後の織田さんの活動がどうなるのか不安に感じるファンも多く、報道から無言を貫く織田さんと運営に対し「ブログで謝罪したら、また欅坂46のメンバーとしてやり直せばいいと思う」と何らかの動きを求める声も寄せられています。

坂道グループに15名の研修生が加わることが明らかに

乃木坂46・欅坂46・日向坂46と注目を集める「坂道グループ(吉本坂46を除く)」に研修生が加わることが明らかになりました。

2018年の夏に行われた「坂道合同オーディション」。初の試みとなった合同オーディションは合格者が希望するグループに配属されるわけではなく、運営側が合格者それぞれを3グループに割り振るシステム。

この合同オーディションで、乃木坂46の4期生として11名、欅坂46の2期生として9名、けやき坂46の3期生として1名の配属が2018年冬に決定し、ファンに姿をお披露目しました。けやき坂46はのちに「日向坂46」とグループ名が変わり、欅坂46とは別グループでデビューしています。

今回、合同オーディションに合格したものの各グループに配属されなかった15名が、研修生としてグループに加わることが明らかになり、個人のプロフィール写真と名前が公開されています。

15名プロフィール

遠藤光莉(えんどうひかり)

生年月日:1999年4月17日
身長:164cm
出身地:神奈川県
血液型:A型

大園玲(おおぞのれい)

生年月日:2000年4月18日
身長:163cm
出身地:鹿児島県
血液型:A型

大沼晶保(おおぬまあきほ)

生年月日:1999年10月12日
身長:162cm
出身地:静岡県
血液型:B型

黒見明香(くろみはるか)

生年月日:2004年1月19日
身長:162cm
出身地:東京都
血液型:O型

幸阪茉里乃(こうさかまりの)

生年月日:2002年12月19日
身長:154cm
出身地:三重県
血液型:O型

佐藤璃果(さとうりか)

生年月日:2001年8月9日
身長:158cm
出身地:岩手県
血液型:B型

髙橋未来虹(たかはしみくに)

生年月日:2003年9月27日
身長:167cm
出身地:東京都
血液型:B型

林瑠奈(はやしるな)

生年月日:2003年10月2日
身長:163cm
出身地:神奈川県
血液型:O型

増本綺良(ますもときら)

生年月日:2002年1月12日
身長:157cm
出身地:兵庫県
血液型:A型

松尾美佑(まつおみゆ)

生年月日:2004年1月3日
身長:165cm
出身地:千葉県
血液型:O型

松岡愛美(まつおかまなみ)

生年月日:2002年4月2日
身長:160cm
出身地:東京都
血液型:A型

森本茉莉(もりもとまりぃ)

生年月日:2004年2月23日
身長:160cm
出身地:東京都
血液型:A型

守屋麗奈(もりやれな)

生年月日:2000年1月2日
身長:154cm
出身地:東京都
血液型:AB型

山口陽世(やまぐちはるよ)

生年月日:2004年2月23日
身長:150cm
出身地:鳥取県
血液型:O型

弓木奈於(ゆみきなお)

生年月日:1999年2月3日
身長:165cm
出身地:京都府
血液型:A型

同じ時期に合同オーディションに合格し、配属されたメンバーは各グループで活躍しており、乃木坂46所属となった遠藤さくらさんは早くも表題曲でセンターを務めるなど目覚ましい成長を見せています。1年遅れとなった15名ですが、これからどこに配属されどんなパフォーマンスを見せるのか、今後に期待が寄せられています。

日向坂46・井口眞緒が活動自粛を発表、欅坂46の織田奈那もスキャンダルが報じられ話題に

人気アイドルグループ・日向坂46のメンバーの井口眞緒さん(23)は先月、男性と街を歩いている写真を撮られ、交際疑惑が浮上していましたが、写真に写るのが自身だと認め活動を自粛すると発表しました。

井口さんは明るく元気なキャラクターでお笑い担当のような要素を持ち合わせたメンバーのひとり。握手会の完売率は高くはないものの、その結果を受け止めどうすれば握手会に来てもらえるかを一生懸命考えるメンバーだったため、今回報じられたスキャンダルには多くの日向坂46ファンが反応しました。

また、井口さんが公式に認める文を公表する前から、写真に写る女性のスカートの柄が以前井口さんが着用していたスカートと同じものであることから、女性が井口さんであると囁かれていました。

そして8日、井口さんは自身のブログで以下の文を発表。

『先日、とあるサイトで、私と思われる写真が掲載されました。
あの写真は私で間違いありません。
私のアイドルとしての自覚のない行動で世間をお騒がせしてしまったこと、応援してくださるファンのみなさん、メンバーやスタッフのみなさんにご迷惑をおかけしてしまったこと、本当に申し訳ありませんでした。
私の軽率な行動でご迷惑をかけたことに対して、しばらくの間、活動を自粛することを事務所に申し入れました。
今後に関しては、事務所のスタッフの方と話して決めていきます。
本当に申し訳ありませんでした。』

また、直近では同じ坂道グループの欅坂46のメンバー・織田奈那さん(21)が専門学生の男性と手をつないで歩いている姿がスクープされ話題に。織田さんも欅坂46内ではバラエティ担当として愛されていたメンバーのひとりだったため、スキャンダルの報道に衝撃が走りました。

これに対しネット上では、「アイドルとはいえ20代の女の子なんだから恋愛するのはしょうがない」とメンバーを擁護する意見と、「恋愛禁止というのは規則なんだからしっかり守るべき」「ファンのことを考えてほしい」といった批判的な意見の2つに分かれました。

立て続けに激写された、2人の坂道グループのメンバーのスキャンダル。個人的にはバレなければ何もないことと一緒なので推しメンには隠してほしいですが、若い女の子であればしょうがないのかなという気持ちもありつつ、これ以上スキャンダルが報じられないことを祈ります。

欅坂46が初の選抜制を導入 センターは引き続き平手友梨奈 2期生の選抜入りも

9日に放送された人気アイドルグループ・欅坂46の冠番組「欅って、書けない?」内で、9枚目シングルのフォーメーションが発表されました。

欅坂46は、これまでのシングルはすべてメンバー全員が参加できる無選抜方式で続けてきましたが、2期生の加入に伴い9枚目から選抜制を導入。欅坂46初の選抜発表となりました。

そして今回のシングルでは、2期生が多く選抜入り。これまでとは違う欅坂46を予感させるフォーメーションとなりました。

3列目(7人)

土生瑞穂(1期生)、渡辺梨加(1期生)、井上梨名(2期生)、原田葵(1期生)、関有美子(2期生)、上村莉菜(1期生)、藤吉夏鈴(2期生)

2列目(5人)

武元唯衣(2期生)、菅井友香(1期生)、森田ひかる(2期生)、守屋茜(1期生)、佐藤詩織(1期生)

フロント(5人)

小林由依(1期生)、松田里奈(2期生)、平手友梨奈(1期生)、田村保乃(2期生)、渡邉理佐(1期生)

フォーメーションは大きく変わったものの、センターはデビューシングル「サイレントマジョリティー」から変わらず平手さん。センターを2期生の松田さん・田村さんが挟む形となりました。

一方で、人気メンバーでフロントを多く経験した鈴本美愉さんや写真集を発売する小池美波さん、長沢菜々香さん、石森虹花さん、尾関梨香さん、齋藤冬優花さん、文春で男性とのデートが報じられた織田奈那さんは選抜落ちとなりました。

Twitterでは、推しメンの選抜落ちを初めて経験する方も多く、「#欅って書けない」「すずもん」「選抜発表」など関連ワードがトレンドに上がりました。

学業優先のため7枚目から活動を休止していた原田さんは復帰後初のシングルで選抜入り。久しぶりのパフォーマンスに期待が集まります。

新たな欅坂46を予感させる9枚目シングル。クールな曲が多い欅坂ですが、9枚目はどのようなシングルに仕上がるのでしょうか。

ゆーりことNMB48・太田夢莉がグループ卒業を発表 突然の発表にファン騒然

4日に東京のNHKホールで行われたアイドルグループ・NMB48の全国ツアー「NMB48 LIVE TOUR 2019」 内で、メンバーの太田夢莉さんがグループから卒業することを発表しました。

太田さんはこれまでNMB48の3期生・チームNのメンバーとして活躍し、「1万年に1人の美少女」と称されるほどの愛らしさとクールさを持ち合わせたルックスでファンの心を掴んできました。

太田夢莉プロフィール

名前:太田夢莉(おおたゆうり)

生年月日:1999年12月1日(現19歳)

出身地:奈良県

血液型:AB型

身長:163センチ

小学6年生・12歳のときにグループに入り、そこから約7年半もの年月をNMB48に捧げてきた太田さん。

2018年に開催された48グループ世界選抜総選挙では、第23位という好成績を残した太田さんの突然の卒業発表にTwitterではファンからの驚きの声が多く挙がり、一時「ゆーり卒業」がトレンドに入るほど衝撃を与えました。

ライブでは、アンコール後ラスト1曲となったタイミングで卒業を発表。会場からは悲鳴やどよめきの声がわっと上がり、泣いてしまうファンの姿も。

卒業を決めた理由として、NMBが「安心感のある場所」に変化してしまったことで自身の成長を止めてしまうことに危機感を抱いたことだと説明し、あわせて芸能活動は続けていく方針であることを話し、ファンを安心させました。

今後は女優として活動を続けるという太田さん。卒業時期については公式からの続報を待つ形となります。

この発表にファンだけでなく、48グループの多くのメンバーがこれからの太田さんの活動を応援していく趣旨のツイートを投稿。

太田さん自身も気持ちを綴ったツイートを投稿しました。

安心感のある場所を自ら飛び出し、新たな世界へ羽ばたく太田さん。NMB48の活動を終えることで、ファンだけでなく多くの人の目に留まる女優さんになるのではないでしょうか。

SKE48のチームEリーダーとして活躍する須田亜香里が引退を考えた過去を告白

SKE48のチームEリーダーとして活躍し、「あかりん」の愛称で親しまれている須田亜香里さん(27)が、3日に日本テレビ系で放送された「ザ! 世界仰天ニュース」内でアイドル引退を考えたほど苦しかったアレルギーとの戦いを告白しました、

19歳の頃、ステージで歌っていたところ唇が赤く腫れてしまい、謎の腫れと痛みに悩まされていた須田さん。マイクから口を離して歌うことを試みるも、その様子を見たスタッフから注意されてしまいます。

また、衣装のチェーン部分が触れていた肩も赤くなるなど、アイドルとして活躍する10代の少女にとって酷な肌荒れに悩まされていた須田さん。調べたところ、原因が「アレルギー性接触皮膚炎」という金属アレルギーの症状であることが明らかになりました。

マイクのコーティングに使用されるニッケルなどもアレルギーの一種であったため、唇が腫れてしまったのだそう。

須田さんが金属アレルギーと知らなかった当時のSKEファンからは「肌が汚い」と批判され、一時アイドルを引退しようか悩んだほどアレルギーによる肌荒れや心無い誹謗中傷が辛かったと話しました。

今現在は、金属アレルギーの須田さんのマイクはスタッフがニッケル部分をアクリルでコーティングするなど工夫をしているとのこと。

同番組内で放送された須田さんの再現VTRには自身が出演し、当時の辛さを明かしました。持ち前の明るさでエピソードを話す須田さんでしたが、当時の状況を知ったファンや視聴者からは「最近肌がきれいなあかりんしかみていないけど、きっとすごくケアしてるのかな プロ根性に感激」「アレルギーと向き合いながら頑張る須田さんの姿に勇気づけられた」といった声が多く挙がりました。

須田さんはNGなしのタレント性とキャラクターから「ブス」「嫌い」と誹謗中傷を受けることがあるとのことですが、握手会でファンを思いやる神対応っぷりやテレビでみせる明るくキラキラした表情で多くのファンの心を掴んできました。

アレルギーとの付き合い方を考え向き合う須田さんのひたむきな思いが、同じ症状を持つ視聴者の方に届いたことかと思います。

乃木坂46初代キャプテン・桜井玲香が卒業 涙の「真夏の全国ツアー」最終日、若月佑美や西野七瀬らOGの姿も

人気アイドルグループ「乃木坂46」のメンバーで、8年間キャプテンとしてグループをまとめてきた桜井玲香さんが1日、神宮球場で行われた「真夏の全国ツアー2019」を最後に卒業しました。

桜井さんはこれまで「ポンコツキャプテン」と呼ばれながらも、力強いパフォーマンスとメンバー思いな一面でファンを魅了。また、目鼻立ちがはっきりとした端正な顔立ちは男性受け・女性受けともによく、今や乃木坂46の初期キャプテンは桜井さん以外に考えられなかったと多くのファンが思うほど、根強い人気を誇っています。

桜井さんのアイドル人生においてラストステージとなった真夏の全国ツアー最終日。通称「全ツ」と呼ばれ、今年は4都市で行われた乃木坂46毎年恒例のライブです。

毎年様々なサプライズなどが期待される全ツですが、まず影ナレで乃木坂46の「公式お兄ちゃん」として知られるバナナマンの日村さんが登場し会場は一気に沸きました。影ナレメンバーは和田まあやさん・生田絵梨花さん・高山一実さん。
OVERTUREが響き渡り、白石麻衣さんがセンターを務める「ガールズルール」でライブが始まります。その後夏曲メドレーに。


MCを挟み、3期生・4期生パートに移行。「三番目の風」では休養中だった大園桃子さんが笑顔でセンターを張り、次いでこれからの活躍が期待されている4期生の遠藤さくらさんが「4番目の光」でセンターを務めました。

3期生の曲である「トキトキメキメキ」、「キスの手裏剣」では3期生と4期生がコラボ。これから「新しい乃木坂46」をつくっていくであろう3・4期のフレッシュなステージとなりました。


続いてツアー限定で組まれたユニットが楽しめる「ミュージアムコーナー」。齋藤飛鳥さんと遠藤さんが組み、人気メンバー2人がパフォーマンスを見せた「他の星から」では大きな歓声が。
アンダー楽曲も選抜メンバーを含めた限定ユニットで披露されました。

その後MCを挟み「インフルエンサー」や「命は美しい」などを披露。「滑走路」では寺田蘭世さん、「日常」では北野日奈子さんがセンターを務めましたが、特にこの2人の気迫あるパフォーマンスに会場は盛り上がりを見せました。

そして齋藤飛鳥さんのドラムセッションからの生バンドによる後半戦。

「スカイダイビング」や「おいでシャンプー」などの楽曲をバンドによる生演奏で披露し、パリのファンと中継を繋ぎ「sing out!」で本編を締めくくりました。

本編終了後、桜井さんの8年間を振り返るVTRが流れ、その後桜井さんは自身の想いをファンに伝えました。桜井さんらしさのある言葉選びに、ファンは涙。

そしてアンコールで、最初で最後のソロ曲「時々 思い出してください」を披露。
新曲「夜明けまで強がらなくていい」は、卒業に伴いテレビ番組に参加することがもうないため、最後のパフォーマンスとなりました。


また、アンコールで披露された曲「僕だけの光」の途中で、今回のツアーに不参加だった井上小百合さんが合流。サプライズ登場に歓声が上がりました。
そして、「乃木坂の詩」でアンコールが終了。

なりやまない「玲香」コールの中、「会いたかったかもしれない」で再登場。ダブルアンコールとなりました。


最後、会場含めみんなで円陣を組むなど強い一体感が生まれたライブ。
そして、会場を歩いてファンに挨拶する桜井さんにサプライズが。

卒業生の若月佑美さんが、花束を持って登場。卒業生代表として花束を渡します。桜井さんと若月さんは「れかつき」とファンから呼ばれるほど大の仲良しコンビで、若月さんが先に卒業するまでは仲の良い場面が番組・ライブなどで多く見られました。

そして、モニターにはバナナマンを始め沢山の芸能人や関係者が。
特に、「キャプテン桜井玲香」のラストライブと言うこともあり、若月さんほか西野七瀬さん、深川麻衣さん、生駒里奈さん、伊藤万理華さん、斉藤優里さん、川後陽菜さん、伊藤寧々さん、市來玲奈さん、宮沢セイラさん、斎藤ちはるさん、伊藤かりんさんなど多くのOGが集結。

これまでの乃木坂46を創り上げてきた懐かしの顔ぶれが揃いました。

こうして幕を閉じた「真夏の全国ツアー 2019」。

会場、ライブビューイングなどでの参加で多くのファンが桜井さんの卒業を見届け、同時に「女優」としての新たな再スタートを祝いました。

たくさんのファンに愛され、色んな側面を持つ「乃木坂46」。秋元真夏さんがキャプテンとなる乃木坂46の第2章とも言えるこれからは、どのような物語が紡がれていくのでしょうか。

乃木坂46運営が一部ファンに注意喚起 8月には日向坂46メンバーが迷惑行為により引退も

乃木坂46は28日、公式ホームページにて迷惑行為への注意喚起を一部のファンに宛てて発表しました。

公式ホームページによると、「メンバーに対する車両・徒歩による追走」や、「メンバーやその家族の居住エリアでのストーカー行為」、「事務所近辺での待ち伏せ行為」などの迷惑行為が確認されているとし、上記の行動が確認できた場合、直ちに警察に通報すると明記しています。

乃木坂46はメンバーが全員可愛いことで知られる、清楚さと透明感溢れる国民的アイドルグループ。欅坂46、日向坂46と乃木坂46の姉妹グループも展開されており、日向坂46は今年5月、同じく一部ファンの迷惑行為が確認されていることを公式に発表。

ですが発表後もメンバーへのストーカー行為があり、これにより日向坂46のデビューシングル「キュン」でフロントメンバーに抜擢された人気メンバーの柿崎芽実(かきざきめみ)さんがグループの卒業・芸能界引退を発表しています。

柿崎さんはファンの前で「ストーカーに遭って握手会に出られなくなっていた」と度々握手会を欠席していた理由をストーカー被害が原因だと明らかにし、柿崎さんや日向坂46を箱推ししていたファンからは「ストーカー行為が原因で辞めざるを得なくなったのは可哀想すぎる」との声や、犯人に対し怒りをあらわにするファンの声が多く挙がりました。

そんな中発表された注意喚起に、乃木坂46のファンはTwitterで「メンバーに迷惑かけて何がしたいの?」「ルールやマナーを守れないなら応援する資格はない」「メンバーのみんな大丈夫かな」などメンバーへの危害を危惧する声が投稿されています。

以下、公式ホームページにて乃木坂46が発表した文の引用です。

『日頃より乃木坂46を応援いただき、誠にありがとうございます。

以前にもメンバー、およびその家族への迷惑行為防止のお願いをオフィシャルサイトへ掲載いたしましたが、メンバーに対しまして一部のファンの方による車両・徒歩等による追走や居住エリアでのストーカー行為など、メンバーのプライバシーを著しく侵害する行為が再度確認されております。最近では事務所近辺での待ち伏せ行為といった事案も多々報告されております。

大多数のファンの皆さまからは節度ある応援をいただいておりますが、一部の方の迷惑行為により、再び警戒を強化せざるを得ない事態となっております。


メンバーに対する車両・徒歩等による追走、メンバーやその家族の居住エリアでのストーカー行為、また事務所近辺での待ち伏せ行為などの迷惑行為は、くれぐれもおやめいただきますよう、お願い申し上げます。このような行為に関しましては、いかなる理由がある場合でも、ただちに警察へ通報し、以降、すべての乃木坂46に関するイベント等に出入禁止処分とさせていただきます。


また、メンバー本人に対して直接手紙・プレゼント等を手渡しする行為、カメラ等による撮影や盗撮行為、握手を求める行為も固く禁止させていただきます。
メンバー・スタッフ一同、ファンの皆様には節度を守りながら活動を応援いただけるよう望んでいる次第です。
メンバーが活動に専念できるよう、御理解、御協力いただきますようお願いいたします。今後とも乃木坂46の応援をどうぞよろしくお願いいたします。

乃木坂46合同会社』

乃木坂46のライブには何度も足を運んでいますが、会場の外で大きな声でコールし続けるファンや、ライブ終了後帰宅を促されているにも関わらずアンコールし続けるファンを多く見てきました。

これらの行為はメンバーへの直接的な迷惑行為には当たらないかもしれませんが、近隣住民や会場スタッフに迷惑をかけています。好きなメンバーを守るためにも、ファン1人1人が節度ある行動を意識する必要があると考えます。

TWICEの日本人メンバーで活動休止中のミナに「不安障害」の診断 どんな症状?完治するの?

韓国で結成され、人気を集める9人組の多国籍アイドルグループ「TWICE」の日本人メンバーで、現在活動を休止しているミナさん(22)が「不安障害」と診断されたことを所属事務所JYPエンターテインメントが発表しました。

不安障害とは、精神疾患のひとつ。不安や恐怖を病的なまでに感じる病気を不安障害と呼びます。

不安障害という大きな分類のなかには、パニック障害や社会不安障害など数々の不安を主症状とした病気が含まれており、ほかの病気に間違われることも多い疾患です。

例えば、不安障害は発作を引き起こしやすく、発作がまた始まったらどうしようという不安により気分が落ち込むことで病院によっては「うつ病」に間違われたり、不安を避けるための行動を「強迫性障害」と捉えられたりと様々な精神疾患と似ている部分があることが特徴的と言えます。

日常の些細な出来事に関し不安を強く覚えたり、慢性的な不安に苦しむ方は不安障害の可能性があるかもしれません。

不安障害のひとつである「パニック障害」は、非常に強くどうすることもできない不安を感じパニックに陥ってしまうなどの症状があり、死ぬほど苦しい発作なのに絶対に命を落とすことはなく、身体的な原因が見つからないため、検査で身体に異常が見つかることはありません。

一度パニック発作が起こってしまうと、「また発作が起きるのではないか」「大勢の人の中で発作が起きたらどうしよう」などの予期不安と呼ばれる不安に襲われることがあり、とにかく本人にずっと不安がつきまとう、非常に苦しい疾患といえます。

ですが、不安障害は薬物療法などで完治を目指すことができます。ある程度治療法が確立されている疾患のため、精神科に通院し「薬物療法」、「精神療法」で完治を目指します。薬物療法はお薬の処方、精神療法はカウンセリングです。

同事務所は「ミナのスケジュール参加については、ミナ本人とメンバーたちとの相談により判断・決定している。」「ミナのスケジュール参加は絶対的に本人の客観的な健康状態に基づく必要があるため、やむを得ず一部選択的にならざるを得ない点、ファンの皆さんの了承をお願いたい」と発表しました。

苦しさが長く続く不安障害。完治したのち、またファンの前でキレキレのパフォーマンスを披露する日が来ることを願うばかりです。