ワタナベエンターテインメントに所属する人気お笑いコンビ・Aマッソが、22日に行われた「思い出野郎Aチームpresentsウルトラ”フリー”ソウルピクニック」においてネタを披露しましたが、一部不適切な発言があったと直筆の書面で謝罪しました。

Aマッソは、村上愛さんと加納愛子さんの2人からなる女性お笑いコンビ。2010年に結成されてからは、お笑い芸人の金字塔であるM-1グランプリ・キングオブコントにも出場経験のある若手芸人で、女性芸人のネタではあまり見ない独特な尖った芸風と言葉のチョイスで人気を集めています。

M-1グランプリ・キングオブコントともに準決勝まで進出した経歴を持つAマッソですが、問題となったライブでのネタ中、プロテニス選手の大坂なおみさんの名前を挙げ、「大坂なおみに必要なものは?」という村上さんの投げかけに対し加納さんが「漂白剤。あの人日焼けしすぎやろ」などと発言したことで、違和感を持った観客がネット上で「差別的」と指摘。

これを受けたワタナベエンターテインメントは、「弊社所属お笑いコンビのAマッソ(加納・村上)が2019年9月22日に出演した「思い出野郎Aチームpresentsウルトラ“フリー”ソウルピクニック」のライブ中に、特定の方のお名前を挙げて、ダイバーシティについて配慮を欠く発言を行った件につきまして、お名前を挙げてしまったご本人、思い出野郎Aチームの皆様、当日ライブを鑑賞していらっしゃったお客様、本件について不快な思いを感じた皆様、関係各位に多大なるご迷惑をお掛けしましたことを、深くお詫び申し上げます」と謝罪。

また、Aマッソの2人の直筆の書面も公式サイトにて掲載されており、加納さんの文面には「笑いと履き違えた、最低な発言であったと今更ながら後悔しています」と謝罪しています。

同じく村上さんも「考えればわかるはずなのに多くの人を傷つける発言をしてしまいました。ネタでは何でも発言していい、人を傷つけていいなどと思ったことはありませんが、今回の発言でそれをしてしまいました。本当に無知でした」と反省。

Twitterでは現在、「Aマッソ」がトレンド入り。実際にライブを見ていた観客からは、「本当に有り得ない発言。少し考えたら不適切だと分かる」という声が挙がりました。一方で、今回の発言は許されないものであるが頑張ってほしいというファンからの応援のコメントも寄せられていました。