仕事がはかどる!すっきりデスクの作り方

デスクに書類、ものが多いとなかなか仕事は進みません。

「あの書類どこやったっけ?」「今日何をするんだっけ…」そういった煩わしさを軽減するデスクにチェンジするだけで、仕事の効率が上がります。

今のデスクがごちゃごちゃ…という方は、まず整頓してみましょう!

ケース1:「今必要な書類が見つからない!」

デスクワークをしている方にはよくあるワンシーン。

誰しも一度は経験したことがあるのではないでしょうか。

たくさんの書類をデスクに積み重ねてしまうと、埋もれてしまい見えなくなってしまいます。

これで解決!

ブックスタンドをPCの横に置き、そこに現在進行形の書類を立てて置いておくと、書類が必要になった際瞬時に取り出すことができます。

また、書類の数が多くてもそこを探せばあるという状態にすれば、「どこに置いたか分からない」現象よりもはるかに探すのが楽になります。

ケース2:「物が多く雑多なデスク」

書類山積み、物がありすぎなデスクは、視覚から入る情報が多すぎるため、集中力が途切れてしまいます。

デスクの上には「今必要なもの」しか置かない!と徹底することで、雑多なデスクはたちまちすっきり。

これで解決!

「1軍」ではない文具や書類などは、見えないところに移す。

すぐに使わないものは、まとめて引き出しやロッカーに隠してしまいましょう。その際は「とりあえず突っ込んでおく」のではなく、箱などに詰めて保管。

また、ペンを何十本もある中から探すのは時間の無駄なので、お気に入り・またはよく使用する「1軍」のみをペンケースに入れておくこともおすすめです。

ケース3:「今日は何をするんだっけ?」

自分で予定を管理している方は、よくあるのではないでしょうか。

今日何をすればいいのかまとめていないと、仕事をやり残したまま定時を迎えてしまう恐れがあります。

また、外に出る仕事が多い方は、打ち合わせの予定や時間などの管理をしっかりとしないと忘れてしまう恐れもあります。

これで解決!

to doリストの作成はマスト。

あわせて、リストと時計、スケジュール手帳などは必ず目に入る場所に一か所にまとめておきましょう。

to doリストを作成するメリットは、今日やるべきことを可視化できること、終わった仕事はペン1本で消せることです。

やるべきことを可視化することで、仕事の進め方も明確になります。

何時になにを終わらせるべきか考えることができます。

また終わったときは線を引いて消せるため、「終わった仕事」も可視化でき、達成感を感じられます。

よく見るものは、デスク上の目につくところにまとめておくと一気に確認ができるのでおすすめ。

時計、to doリスト、スケジュール手帳などはまとめて置いておきましょう。

付箋でto doリストを作成し、PCに貼っておくのもおすすめです。

ケース4:「目につくところは可愛くしたい!」

女性は特に、デスクにお気に入りのものや可愛いものを置いておきたくなりますよね。

あまり派手にもできませんが、目に入るものが可愛いと仕事のモチベーションが少し上がります。

これで解決!

お気に入りの箱や缶で「見える収納」を図りましょう。

輪ゴムやゼムクリップなど、細々したものを可愛い缶などに収納することで、すっきりする上にデスクがぱっと華やかに。

お菓子の缶や空き箱は、まさに「見える収納」向け!

また使用頻度の高い文房具は、お気に入りのものを揃えることでモチベーションアップに繋がります。

おわりに

デスクをすっきりさせることで、ちょっと憂鬱に感じる仕事も「頑張ろう!」という気が起きます。

集中力・効率を上げたい!という方は、まずはデスクの見直しから始めてみてはいかがでしょうか。