夏本番!気をつけたい「脱水症状」対策

ここ最近雨が続いていましたが、いよいよ夏本番。

うだるような暑さの毎日が続くことが予想されます。

そこで気をつけたいのが、「脱水症状」。

ここでは脱水症状の恐ろしさと、脱水症状にならないための対策を考えていきます。

脱水症状ってなに?

脱水症状とは、体の中の水や体液( 血液・リンパ液・唾液 など)が不足することで起こります。

汗をかくなど体内の水分を失っていく量よりも、体内に補給していく量の方が少ない場合に脱水症が引き起こります。

体が水分を欲しているのになかなか水分補給をしないとなると、めまいや頭痛、さらに悪化すると意識朦朧となり、失神する場合もあります。

なんか血の気が引くな…と思った次の瞬間には倒れてしまうことも。

脱水症状はどうしたら防げる?

暑い場所を避ける

夏場や仕事などで外出することが多い方は難しいかもしれませんが、暑い場所を避けることが大切です。

長時間外に出ることを避けて、家にいるときはエアコンなどをつけて暑さ対策をしてください。

また、外に出る際日焼けなどは気になりますが、できるだけ通気性の良い服の着用をおすすめします。

学生の方は夏の体育に気をつけてください。今はほとんどないと思いますが、「水分補給は甘え」みたいな先生は無視して、暑さでやられてしまう前に休むことも必要です。

こまめな水分&塩分補給

脱水症状にならないためには、とにかくこまめな水分補給が必要です。

何も食べない・飲まない状態で外に出ると、どんどん水分は奪われていきます。

水分だけでなく塩分も補給するとなお良いです。スポーツドリンクは血糖値が上がってしまうため、おすすめなのは経口補水液です。

正直、経口補水液は高いし本当に美味しくないですが、脱水症状はほぼ防ぐことができる優れものです。

塩分が含まれるタブレットなどもあるので、そういったものをこまめに口にするのも予防となります。

アルコールは絶対ダメ!

アルコールでは水分補給になりません。なぜなら利尿効果があるため、体内の水分が出ていってしまいます。なので、アルコールでの水分補給は逆効果です。

おわりに

様々な症状が現れる脱水症状。あの血の気が引いていく感じを経験したことのある方は、その恐ろしさが分かるかと思います。

脱水症状は他人ごとではありません。だれでもなり得るものなので、夏本番となるこれから、しっかり予防して臨みましょう。