ちょっとしたワンポイントで垢抜ける!メイクテクニック3選

どうしてもワンパターンになりやすいメイク。

いつものメイクにちょっとポイントを加えるだけで、ぐっと垢抜けることができます。

ここではいつものメイクに付け加えたいワンポイントをご紹介していきます。

目尻に差し色で赤をいれる!

アイドルや女優さんもやっていると噂のテクニック。

画像は元アイドルで女優の西野七瀬さん。若干目尻に赤が入っていますよね。

このように、目尻に赤をいれるだけでうるうるとした女の子らしい瞳に近づきます。

赤に抵抗のある方は、バーガンディのアイラインでちょこっと引くのもありです。バーガンディというのは、ワインレッドに近い少しくすんだ赤のこと。

わかりやすくいれるよりも、ちょっと引くくらいがさりげなくておすすめです。

私は目尻に赤を入れないとメイクが完成しない!というくらいこのテクニックに頼っています。

キャンメイクなどもよく赤めのアイシャドウを展開しているので、お買い求めやすいかと思います。

眉に若干ピンクを!それだけで垢抜け眉に

こちらは特に髪色が明るい方や赤みの強い髪色の方におすすめのテクニック。

暗い髪色の方は、眉を少しだけ明るくするとそれだけで垢抜けて見えます。明るすぎない眉マスカラなどで染めましょう。

眉マスカラで染めた後、ピンク系のアイシャドウや色が濃い目のチークなどを眉にちょっとずつ塗っていくと、若干明るめの眉が出来上がります。

ピンクは血色を良く見せる色。眉に若干ピンクが入っていることで、肌に溶け込み柔らかな印象に見せてくれます。

ピンク!と違和感を感じるくらい入れるのはNG。

眉は顔の額縁ともいわれる重要なパーツです。ピンクを取り入れることでかなり印象が変わるので、ぜひ試してみてください。

ハイライトは積極的に使う!

ハイライトを入れる場所により、顔の印象は変わってきます。

ここでおすすめしたいのは、目頭の横にすっとゴールド系のラメを入れること。鼻根のところです。

ここにハイライトを入れるだけで、顔に立体感や奥行きが生まれます。

ハイライトを入れるときは、指ですっと引くのがおすすめです。

また、チークのあとに頬の1番高いところにもハイライトを入れると、ライトが当たったときに艶のある肌に見せてくれます。

頬の高い位置に艶がでるので、若々しく綺麗な肌に見えるのです。

ハイライトは使い方によって顔の印象を大きく左右します。

うまく使うことができると、一気に垢抜けてみえること間違いなし。

おわりに

3つのちょっとしたメイクテクニックをご紹介してきましたが、いかがでしたか?

この3つをいつものメイクに取り入れるだけで、いつもとは違った印象の顔に仕上がるかと思います。

テクニックを駆使して、自分のなりたい顔に近づきましょう!

Perfect Natural Makeup ご自宅で学べるホームワークレッスン


↓↓↓↓↓ 是非ご覧ください ↓↓↓↓↓