西野七瀬が14歳の女の子役に!映画「コルボッコロ」で主演声優に決定

女優の西野七瀬さんが、11月29日(金)に公開されるアニメーション映画「サンタ・カンパニー ~クリスマスの秘密~」と同時上映される「コルボッコロ」で主人公の「鈴」の声を担当することが明らかになりました。

西野さんは、人気アイドルグループ「乃木坂46」の元メンバーで、アイドル時代はエースとして活躍。卒業後は女優として活動し、最近では日本テレビ系で2クールにわたり放送されたドラマ「あなたの番です」で黒幕・黒島沙和役を演じきり話題となりました。

西野さんは、「サンタ・カンパニー」でゲスト声優を務めるお笑い芸人の小籔千豊さんや主題歌を担当した茅原実里さん、糸曽賢志監督と都内で行われた会見に登場。

「コロボッコロ」は、様々な文明や宗教が混在する世界を舞台に、巫女の血を継承する14歳の天真爛漫な少女・鈴が自然の精霊と出会うというストーリー。

乃木坂46のメンバーの頃から少し暗いというイメージが強く、特に初期の頃は小さなことでもすぐ泣いてしまう姿が印象的だった西野さん。お姉さんメンバーになってからは、エースとしてグループを引っ張る一面を見せた西野さんですが、ファンから見るとあまり「天真爛漫」というイメージはないのではないでしょうか。

会見では、「(主人公の)鈴ちゃんはすごく明るくて元気っ子な感じなので…私は逆にそういうタイプではないので、不安の方が今は大きいんですけど」と不安な気持ちを明かした西野さん。

また、現在25歳の西野さんが14歳の女の子の声を演じるという点でも話題に。これから本格的なアフレコに入るとのことですが、西野さんは11歳年下の少女の声をどう演じるのでしょうか。

また、「声優のお仕事はほぼ初めて」と話す西野さん。ネット上では、 「なぁちゃん大出世!」「映画館で観たい」とファンから喜びの声が挙がるなか、「声優業は難しいだろうな」「なぁちゃんが元気な子を演じるのはあんまり想像つかない」などと、どのような仕上がりになるのか心配だというコメントも寄せられました。

グループを卒業し、様々な役柄を通し女優としての幅を広げる西野さん。これまであまり見ることのできなかった、「元気っ子」な西野さんの声に期待が高まっています。