広瀬すずと吉沢亮の「なつぞら」コンビが再び共演!映画「一度死んでみた」情報解禁

20日、女優の広瀬すずさんが主演を務める映画「一度死んでみた」のタイトルが同名タイトルに正式決定し、またポスタービジュアルや特報映像、公開日が2020年3月20日(金)であるという情報が次々解禁となりました。

同作品は2018年9月、エキストラ募集時に「一度死んでみた(仮)」と仮題をつけていましたが、今回タイトルが「一度死んでみた」で正式に決定したと発表。

また、髪が半分ピンク色という広瀬さんの衝撃的なビジュアルも解禁。これまでのドラマや現在放送されているNHK連続テレビ小説「なつぞら」では、黒い髪が印象的だったこともあり、ファンからは驚きの声が挙がりました。

「一度死んでみた」は、デスメタルバンドでボーカルを担当している女子大生の七瀬(広瀬)が主人公。広瀬さんの父役・計(はかる)を堤真一さんが、計の存在感のない部下・松岡を吉沢亮さんが演じます。

七瀬は父のことが大嫌いな反抗期の「こじらせ女子」。自身のバンドのライブで「一度死んでくれ!」と父への不満をシャウトしていたある日、父が突然死んでしまったとの知らせが入ります。

実は父が「2日間だけ死んじゃう薬」を飲んだためで、父は仮死状態にあるというとんでもない状況。

ですが、2日後には生き返るはずが、計をそのまま亡き者にしようという誰かの陰謀により、生き返る前に火葬されてしまいそうに。大嫌いだった父の絶体絶命のピンチに直面した七瀬は、父の部下の松岡とともに立ち上がることを決意。火葬までのタイムリミットは2日間。果たして七瀬と松岡は無事に父を生き返らせることができるのか?というハートフルSF(死んだ・ふり)コメディです。

今回メガホンを取ったのは、携帯会社・auの「三太郎」シリーズのCMを手がけたCMディレクター浜崎慎治さん。浜崎さんが初めて映画の監督を務めたオリジナル作品となっています。 脚本は、携帯会社・ソフトバンクの「白戸家」シリーズなどで知られる澤本嘉光さんです。

主演の広瀬さんがコメディを 演じるのは初。また、「なつぞら」で共演した吉沢亮さんとの再共演作となっており、これについて広瀬さんは自身のTwitterでコメント。

吉沢さんが「天陽くん」を、広瀬さんが「なつ」を演じ、互いに別の方向に進みながらも2人は繋がっている、という仲の良い幼馴染の設定でした。先日の放送で天陽くんが病気で亡くなり「天陽ロス」が叫ばれていましたが、今回の共演の発表にファンからは喜びの声が寄せられました。

そして特報も発表。特報を観た多くのファンが公式Twitterの投稿に「絶対見に行く」「面白そう!」とコメントを寄せました。

これまで見たことのない広瀬さんの姿に期待が高まります。