実写化不可能と思われた「蜜蜂と遠雷」が映画化!試写会で主演・松岡茉優が特設インスタをアピール

第156回直木三十五賞・第14回本屋大賞をダブルで受賞した恩田陸さんの小説「蜜蜂と遠雷(みつばちとえんらい)」が映画化されます。

同作品は若手ピアニストの登竜門とされる芳ヶ江国際ピアノコンクールを舞台とした青春群像小説で、主演・栄伝亜夜役を松岡茉優さん、高島明石役を松坂桃李さん、マサル・カルロス・レヴィ・アナトール役を森崎ウィンさん、風間塵役を鈴鹿央士さんが演じます。

他にも、臼田あさ美さんやブルゾンちえみさん、福島リラさん、眞島秀和さん、片桐はいりさん、光石研さん、斉藤由貴さん、鹿賀丈史さんら豪華キャストが集結。

累計発行部数が134万部を超える同作品は、読んでいると音楽が流れて聞こえてくるほどの圧巻の読み応え。2016年に刊行され、時が経った今でも多くの読者に愛されている作品です。

「実写化不可能」と言われた「蜜蜂と遠雷」ですが、映画「愚行録」やドラマ「イノセント・デイズ(WOWOW)」、その他数々の短編映画の監督で知られる石川慶さんがメガホンを取り実写化されました。

楽曲を実際に演奏するピアニストの方々も豪華な面々がそろい踏み。河村尚子さん、福間洸太朗さん、金子三勇士さん、藤田真央さんなど日本を代表するピアニストが映画を彩ります。

16日に都内で行われた完成披露試写会では、主演の松岡さん、松坂さん、森崎さん、鈴鹿さん、石川監督が登壇し、映画の見どころや撮影時の様子などを和気あいあいとした空気のなか伝えました。

松岡さんは映画の見どころについて「日本映画離れした映像美。新しい音楽映画ができた自信があります」とコメント。また、「蜜蜂と遠雷の期間限定インスタグラムを開設したんですが、フォロワー数が思わしくないんです」と現在7万人のフォロワーがいると話し、もう一桁ほしいとアピールしました。

8月26日に開設された「蜜蜂と遠雷」のInstagramは、公開日までの期間限定で特設されたアカウント。松岡さん本人が発信し、松岡さんの写真が主に投稿される宣伝用のアカウントです。

これを受けてか、16日には7万人だったフォロワーが現在10万人に増加。17日にアップされた投稿には、ファンから「フォロワー増えたね!」というコメントが並びました。

厳しい局面にぶつかりながらも、コンクールという舞台で闘い抜く新鋭のピアニストたちの葛藤と青春を描いた「蜜蜂と遠雷」。

10月4日(金)ロードショーです。