【土屋太鳳】性格が良いと評判!だけど“たおりゅう”に不安の声

いまや見ない日はないほど大人気の若手女優・土屋太鳳。

朝ドラ「まれ」でヒロインを演じ、一躍有名女優となりました。

2019年上半期のCM女王にも選ばれ、人気バラエティー番組「ゴチになります!」ではレギュラーを務めています。

土屋太鳳プロフィール

名前:土屋太鳳(つちや たお)

生年月日:1995年2月3日(現24歳)

出身:東京都

身長:153センチ

主な出演作

まれ──津村希役

鈴木先生──小川蘇美役

図書館戦争── 中澤毬江 役

青空エール──小野つばさ役

性格がいいと話題!

土屋さんは共演者からの評価が高く、またブログ・SNSの投稿が真面目すぎることから、「真面目で良い子」というイメージがあります。

共演者の方には、たとえ自分が年上であっても「吸収したい」という思いから質問を多くするとのこと。

演技派女優の吉高由里子さんは、土屋さんを「心が擦れてない。誰も触ってない風のような人 」と、そのピュアさを称しています。

また、彼女の真面目さが前面に出ているのがブログ・SNS。

土屋さんは「たおのSparkling day」という公式ブログを開設していますが、ほぼ毎日長文を投稿しています。

現在ではInstagramの投稿をブログにもアップしていますが、本当に長文です。多忙な中、ファンへの心遣いを感じます。

女性人気が低い理由

関係者が土屋さんを絶賛するのに反し、世間の声は若干厳しめです。

「ぶりっこ」、「共演者キラー」などど揶揄されています。

共演者と必要以上に仲良くなったり、先日放送された「ゴチになります!」では、最下位になった際に泣き出してしまいました。そうした一面が「ぶりっこ」と言われる要因に繋がっていると推測できます。

また、女性から絶大な人気を誇る山﨑賢人さんとの熱愛報道も話題となりました。

土屋さんと山﨑賢人さんは朝ドラ「まれ」で夫婦役として共演、同年映画「orange」で再共演を果たしていました。

真相は依然として不透明ですが、ファンの方からするとそういった報道が出ること自体が不愉快なのかもしれません。

“たおりゅう”に不安の声

7月1日に 資生堂のスキンケアブランド「recipist(レシピスト)」が、公式アンバサダーに任命された2人“たおりゅう”が発信していくInstagramのカップルアカウントを発表しました。

1日の時点では彼女役の土屋さんのみ発表されましたが、4日に彼氏役は横浜流星さんと公式に発表されました。

この “たおりゅう” カップルアカウント、始動して間もないですが、Twitterではすでに2人の共演を見たくないという反応が挙がっています。

横浜流星さんは、ドラマ「初めて恋をした日に読む話」ゆりゆり役として大ブレイク。深田恭子さんに一途に恋をする不良高校生で、無敵ピンクが印象的でした。

甘いルックスから女性ファンが多く、「共演者キラー」と揶揄される土屋さんとカップルを演じる姿を見たくないというファンも。

2人のカップルアカウントには、彼氏がいる女性によく見る「匂わせ投稿」から、2人のツーショット写真もアップされているので、精神的にダメージを受けかねない方はご注意ください。

すでに先行きが不安視されているカップルアカウントですが、中には「2人ともかわいい」と称賛の声も。

2人が今後どうなっていくのか、動向に注目です。