初めてのボルダリング、まず何を用意すればいい?

2020年に開催される東京オリンピックの正式種目となり、今注目されているボルダリング。

体力がつき、またゲーム感覚として楽しめることから、今人気なスポーツのひとつです。

現在では全国にたくさんのクライミングジムがあります。

友だちと、家族と、恋人と。一人でも行きやすく、一度ハマるとやみつきになるボルダリング。

やってみたいけど何を用意したらいいのか、握力や体力がないと登れないのかと悩んでいる方は必見です。

そもそもボルダリングって?

ざっくりとご説明すると、岩や人工の壁面等に登ることをボルダリングといいます。

屋内のクライミングジムには、高い壁にいくつものカラフルな「ホールド」と呼ばれる石がくっついています。

多くのジムにはホールドに番号が振ってあり、その番号通りに登っていくとゴールに辿り着くことができます。

指定されたホールドを使いゴールを目指すスポーツです。

よく握力がないと登れない?という声を聞きますが、握力がなくても大丈夫です。

ボルダリングは、「いかに足をうまく使うか」が肝となってくるスポーツです。

体力がない方でも、難易度の低い課題からじっくり挑戦していくと徐々に力がついてくるので心配ありません。

また、ジムごとに課題の難易度というものが設定されています。

難易度が上がっていくにつれ、「足自由」「足限定」と足のホールドも固定されていきます。

「足自由」の課題は、その名の通り足を置くホールドはどれでも構いません。

「足限定」の課題は、すでに足を置けるホールドが固定されているため、難易度が上がります。

ただ足限定の課題は、裏を返せば固定されているホールドを踏めばゴールまで辿り着けるということなので、足限定を好むクライマーもいます。

初心者の方はまず、店員の方に相談しながら登ってみることをお勧めします。

ボルダリング、何が必要?かかるお金は?

ボルダリングは、屋内のジムであれば

・シューズ

・チョーク

・動きやすい服

の3点があれば十分です。

クライミングジムでは、たいていシューズ・チョークのレンタルサービスがあるため、持参しなくても大丈夫です。

登ることが楽しくなってくると自然とシューズが欲しくなってきますが、最初のうちはレンタルで事足ります。

私は始めて半月でマイシューズを手に入れました。

チョークというのは滑り止めです。

ホールドを掴むときにチョークをつけていると滑りにくく、落ちにくくなります。

初心者向けの課題はたいてい指定されているホールドが持ちやすいものばかりなので、チョークは持ちにくいホールドの課題にぶつかってから購入でよいかと思います。

初めてボルダリングに挑戦する方は、「動きやすい服だけ持参」で大丈夫です。

補足ですが、登っているときは普段使わない筋肉を使っているからか、代謝が良くなり汗をかくことが多いため、半袖がお勧めです。

ボルダリングの魅力って?

人それぞれ、ボルダリングにハマるポイントは異なってくるかと思いますが、何といっても登れた時の「達成感」と「爽快感」は他では味わえません!

苦戦していた課題をクリアできた時の達成感は、自分に自信をつけてくれます。

また遅くまで営業しているジムも多いため、服さえ持っていけばお仕事帰りに気軽に登れます。

またボルダリングは競技人口が少ないため、クライマー同士の一体感が強く、ジムによっては初心者の方が登っているとベテランの方々が応援してくれます。

気軽にスポーツを楽しみたい方、ストレス発散したい方、自分に自信をつけたい方、一緒に登ってみませんか?