「屍人荘の殺人」予告映像が公開!追加キャスト&新ビジュアルも発表

今村昌弘さん原作で数々の賞を受賞した「屍人荘の殺人(しじんそうのさつじん)」が12月13日(金)に全国で公開されます。

主役の葉村譲を演じるのは、子役時代から俳優として第一線で活躍し続ける神木隆之介(かみきりゅうのすけ)さん。謎の女子大生探偵・剣崎比留子を浜辺美波(はまべみなみ)さん、葉村と行動を共にする明智恭介を中村倫也(なかむらともや)さんが演じます。

舞台は湖畔のペンション「紫湛荘(しじんそう)」。神紅大学のミステリー愛好会に所属するミステリー小説好きの万年助手・葉村と愛好会の会長・明智は「ワトソン」「ホームズ」と自称していますが、葉村は学内で起こった些細な事件に首を突っ込む明智に振り回される日々を送っていました。

そんな中、謎の美少女探偵・剣崎が現れ、同じ大学に存在するロックフェス研究会に関する妙な噂を知ることになります。謎の脅迫状が部員宛に届いたこと、また去年行われた合宿中に1人の女子部員が行方不明になってしまったことを聞き、2人は剣崎とともに合宿に参加することに。

向かった先はペンション「紫湛荘」。ですがそこには曲者ぞろいの部員たち、何かおかしいペンション、そして3人は異常事態に巻き込まれ翌日には1人の惨殺死体が──というクローズドサークルなミステリーエンタテイメント。

本作品は今村昌弘さんのデビュー作で、「このミステリーがすごい!(2018)」、「週刊文春2017ミステリーベスト10」、「2018本格ミステリ・ベスト10」でそれぞれ1位を獲得、また「第18回本格ミステリ大賞」で受賞するなど国内主要ミステリー賞を4冠達成したことで話題となりました。

前代未聞で前衛的なトリックで読者を魅了し、これが本当にデビュー作であるのか疑いたくなるほどの出来栄えは圧巻の読み応えを感じさせます。

そんな「屍人荘の殺人」の追加キャストが21日、発表されました。

予告では追加キャストひとりひとりにキャッチフレーズがついており、「わがまま御曹司・七宮兼光」を柄本時生さん、「超絶チャラ男・立浪波流也」を古川雄輝さん、「関西のおっちゃん・出目飛雄」を塚地武雅さん、「クレーマーおばちゃん・高木凛」をふせえりさん、「執事中の執事・菅野唯人」を池田鉄洋さんと実力派俳優がそろい踏み。

また、「先輩のパシリ・進藤歩」を葉山奨之さん、「ホラー映画マニア・重元充」を矢本悠馬さん、「ヒステリック女・名張純江」を佐久間由衣さん、「スマホを落としただけ女・静原美冬」を山田杏奈さん、「ゴマすり女・下松孝子」を大関れいかさん、「場違い小娘・星川麗花」を福本莉子さんと今注目されている若手俳優陣が勢ぞろいし、主要キャスト3人の脇を固めます。

謎に包まれたペンションで巻き起こる前代未聞の大事件。個人的には読了後「実写化不可能」と思いましたが、どのような展開が待ち受けているのか、今から楽しみです。